ドラえもんならいいけどやっぱり怖い! ●●%以上の人がAIに不安を感じていた【パパママの本音調査】 Vol.212

(c)Sarah Holmlund - stock.adobe.com

最近ではAI(人工知能)を導入している施設や企業も増えてきています。かわいいお役立ちロボットという面がクローズアップされる一方で、今後の進化については是非が問われています。パパママ世代はAI活用が進んだ未来の世界をどう考えているのでしょうか?

Q.AI(人工知能)の活用が増えていることに対して不安はありますか?
1.ある70.7%
2.ない20.6%
3.その他8.7%

70%以上のパパやママがちが、AIの活用に対して不安があるという結果になりました。人間の仕事を奪うとも、人間よりも高い知能を持つようになるとも言われているAIについてのみんなの意見を聞いてみましょう。

■便利かもしれないけどやっぱり不安

みんなが想像するのは、映画や小説に出てくるようなSFの世界。いつかAIが地球を支配するような世界になるかもしれないと想像して怖くなってしまう人がたくさんいました。

「怖い。映画じゃないけど、社会が乗っ取られたりして…。普通の人間より頭が良さそう」(福島県 40代女性)

「猿の惑星みたいに、侵食されて逆転…。みたいなSF映画の世界を想像してしまいます。冗談ではなくゾッとします」(東京都 40代女性)

「人工と聞いただけで違和感が。とうとうそこまで来たかといった感じ」(栃木県 40代男性)

「人と人の繋がり、温かみが減っていくような…」(三重県 30代女性)

「人間が滅んでしまいそうで怖い」(茨城県 30代女性)

「医療、介護、防災の面から見たら、仕事がラクになる便利なものですが、コストパフォーマンスが高いAIを取り入れることで人間が仕事をする場所が減ることが一番現実的で短な不安です」(神奈川県 50代女性)

「回転寿司の受付がペッパーくんになっていました。お年寄りにはタッチ真似るの操作や受付方法がわからなかったようで、店員さんに声をかけていました。将来AIに頼りきりになってしまうのは心配」(神奈川県 40代女性)

■優秀なAIを活用するメリットもある!

人間には命の危険がある作業や長時間労働などもAIなら可能に。うまく使って共存できればいいと考える人も少数派ですがいました。

「適材適所で活用されればいいと思います」(埼玉県 30代男性)

「AI、いいと思いますよ。無能な人間に使われるくらいなら、有能なAIに支持されるほうがマシです。AIの支配する社会になったとき、人間というウィルスから地球を救ったとか言われるんでしょうね」(東京都 40代男性)

「必ず対応できないことが出てくると思いますが、技術の進歩は素晴らしいと思います」(神奈川県 30代女性)

■ドラえもんはいいけどターミネーターはイヤ

私たちが真っ先に思い出す便利なロボットといえばドラえもん。あんなに愛嬌もあって面白いロボットなら一緒に暮らすのも楽しいかもしれませんね。

「今、自分たちは人間に都合のいい世界を作っていますが、人工知能が意思を持って人工知能に都合の良い世界を作り始めたら、人間は不要になるかもしれません。今までは映画や小説などでしか知らなかったものなので、想像してもそれくらいかな。ドラえもんならいいけど、ターミネーターは嫌だなぁ」(鹿児島県 40代男性)

Q.AI(人工知能)の活用が増えていることに対して不安はありますか?
アンケート回答数:4276件
ウーマンエキサイト×まちcomi調べ

(サトウヨシコ)

元記事を読む
提供元: ウーマンエキサイトの記事一覧はこちら
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。