1. トップ
  2. 旅行・おでかけ
  3. 地上350mの「ディスコ」で音楽と浮世絵がコラボレーション。

地上350mの「ディスコ」で音楽と浮世絵がコラボレーション。

  • 2018.1.21
  • 295 views

「スーパー スカイツリー ディスコ(SUPER SKYTREE® DISCO)」は、地上350mの東京スカイツリー天望デッキ「フロア350」に、DJブース、お立ち台、ミラーボールを設置した、今ここでしか体験できないディスコ空間だ。80年代のディスコ全盛期時代を盛り上げたレジェントDJをはじめ、現在も第一線で活躍するトップDJによるディスコナイトが繰り広げられる。

クリエイティブカンパニー「ネイキッド」は、その会場の横幅約110メートル、高さ約2メートルの窓ガラスを巨大スクリーンに仕立て、ディスコをテーマにした映像演出を担当。浮世絵師・歌川国芳が描いた「東都三つ又の図」をもとに、ロケットに見立てた東京スカイツリーが月から地球に戻り江戸時代にタイムスリップするような演出を展開する。

国芳の描く浮世絵の世界とディスコ、そして、東京スカイツリーの夜景の異色のコラボレーションを楽しんでみてはいかが?
スーパー スカイツリー ディスコ(SUPER SKYTREE® DISCO)
開催日/~2018年2月23日までの金曜日、2月14日(水)
開催場所/「東京スカイツリー天望デッキ フロア350」 東京都墨田区押上1-1-2
開催時間/19:00〜22:00
入場料/観覧は無料だが、展望台への入場料要
http://www.tokyo-skytree.jp/event/special/disco2018/

参照元:VOGUE JAPAN