過去の記憶に苦悩するジム・ブロードベントの姿が 『ベロニカとの記憶』2種類の本編映像公開

現在公開中の映画『ベロニカとの記憶』より、2種類の本編映像が公開された。

本作は、2011年英国ブッカー賞に輝いた、記憶と時間をめぐる小説『終わりの感覚』を、『めぐり逢わせのお弁当』のリテーシュ・バトラ監督が映画化したもの。60歳を過ぎ、ひとりきりで静かな引退生活を送るトニーの元に、見知らぬ弁護士から「あなたに日記を遺した女性がいる」と手紙が届く。その女性とは、40年前に別れた恋人ベロニカの母親だった。トニーは思いもよらない奇妙な遺品から、長い間忘れていた青春時代の記憶、若くして自殺した親友、初恋の真実を紐解いていく。

『ベロニカとの記憶』本編映像(トニーがとったある行動とは?)

公開された1本目の映像では、物語の中盤、トニーとベロニカの2回目の再会シーンが描かれる。自らの青春時代の記憶に疑いを抱き始めたトニーは、ベロニカに会うことで、忘れかけていた過去の本当の記憶を確認したいとベロニカの後をつけ、偶然の再会を装う。一体彼が過去とどう向きあい、目の前に立つベロニカとどう対峙するのかが見どころだ。

『ベロニカとの記憶』本編映像(トニーが娘に告白した過去とは?)

一方、2本目の映像は、物語の後半のシーンの一部。本当の過去を知ってしまったトニーが、出産を間近に控えた娘スージーに、自らの過去についての“ある告白”を始める。その後、陣痛が始まり分娩室に運ばれたスージーは、明らかに様子が変な父に、心配の声をかける。そんな中、トニーはまるで自身の記憶を整理するかのように話すことで、自身の過去と向きあうことになる。(リアルサウンド編集部)

元記事を読む
提供元: Real Sound映画部の記事一覧はこちら
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。