1. トップ
  2. 恋愛
  3. リック・オウエンス、初の個展がミラノで開催中!

リック・オウエンス、初の個展がミラノで開催中!

  • 2018.1.19
  • 1237 views

ありきたりのファッションの枠を超え、弱者に向ける想像力、温かい心、そして慈悲の精神をもって、現代社会にはびこる美と受容の既成概念に問いを投げかけ続けているリック・オウエンス。彼はファッションデザイナーであるだけでなく、ひとりのアーティストであり、思想家だ。そんな彼の世界観を、彼自身がキュレーションした、世界初の個展「SUBHUMAN INHUMAN SUPERHUMAN(人間以下 非人間的 超人的)」が、TRIENNALRE DI MILANO(ミラノ・トリエンナーレ)にて開催中。

この個展は、オウエンス自身の自伝であり、20年のキャリアをとおして使用してきたガーメント、アクセサリー、家具、グラフィック、出版物などを展示。多くの詩人や芸術家の影響を強く受けているオウエンスは、そうしたアーティストたちのアプローチと、彼自身が持つパンクとアナーキーの感性を融合して作品を作り、そこで、現代社会に根付く偏狭な「美」の既成概念と排他的な道徳観に立ち向かっている。今回の展示のハイライトとなる彫刻インスタレーションは、コンクリート、百合、アドリア海の砂、そしてオウエンス本人の髪の毛で作られた巨大なランドアートだ。物議を醸すようなこの作品は、人類が永久的に推し進めてきた、創造的な原動力に対する比喩的な意味が込められている。

「私は今の軽蔑的に物事を捉える世の中に疑問を持っていました。そのなかで軽視されているものを取り上げ、まともで共感できて思いやりがあり包含的なものを作りたいと思っていました」
「もし私が少しでも我々世代の考える『美』や『許容範囲内』という厳格な尺度を曖昧にすることができるのであれば、私がこの社会で貢献できるあらゆる可能性を尽くしたといえるでしょう」とリック・オウエンスは語る。3月25日(日)まで開催されるこの個展、期間中にミラノを訪れる予定があるのなら、ぜひ出かけて、彼の問いかけに対する自分なりの答えを考えてみてほしい。

 

「SUBHUMAN INHUMAN SUPERHUMAN」
期間:~2018年3月25日(日)10:30~20:30(火~日)
会場:TRIENNALE DI MILANO(Pallazo della Triennnale, Viale Alemagna 6 - 20121 Milano)
tel:+39-02-724341
入場料 9ユーロ
休) 月
www.triennale.org