「ちょい足し」するだけでダイエットや美肌効果が期待できる沖縄の調味料「コーレーグース」の活用術

ダイエット中によく食べるものといえば、大豆製品やこんにゃくといったヘルシー食材。しかし食材のカロリーや糖質は気にしても、調味料にまでは頭が回らないことも。そんな時は"ちょい足し"するだけでダイエットや美肌に役立つ調味料を使ってみませんか?

「カプサイシン」たっぷりの「コーレーグース」

12月14日(木)放送の「主治医が見つかる診療所」(テレビ東京)では、毎日の料理にほんのちょっと足すだけで体を健康にしてくれる調味料をとり上げました。中でも注目すべきは、やせる効果と美肌効果が期待できるスーパー調味料「コーレーグース」です。「コーレーグース」とは、島唐辛子を泡盛に漬けた調味料。沖縄でよく利用されていて、沖縄そばなどにちょい足しして使います。

唐辛子に含まれているのが、代謝を上げてやせやすい体をつくる働きのある「カプサイシン」。ダイエット効果が期待できる「カプサイシン」ですが、実は美肌にも関係があるそう。シミ・シワ・肌荒れなどの主な原因は老化、喫煙、酸化した食べものなどの影響でできる「活性酸素」。唐辛子のスペシャリスト・山本宗立博士は「『カプサイシン』には『活性酸素』を除去する抗酸化作用がある」といいます。さらに、島唐辛子の「カプサイシン」の量は一般的な唐辛子に比べると約3倍。「カプサイシン」は水に溶けにくくアルコールに溶けやすい性質があるので、泡盛に浸けた「コーレーグース」は効率よく「カプサイシン」を摂取するのにぴったりの調味料ですね。

みそ汁や納豆とも相性抜群

島唐辛子は辛さの中にも甘みがあり、泡盛に浸けると抜群の風味を醸しだします。「コーレーグース」は、島唐辛子をつくる農家の人も「昔から住んでいる人は、『コーレーグース』がないと食が進まない」と言っていたように沖縄人にとって欠かせない調味料。SNSでも、「少し入れるだけで2倍おいしくなる」「中毒性があるうまさ」「麺にも米にも合う万能調味料!」といった声が上がるなど大人気のよう。

番組では「コーレーグース」のレシピを紹介。500mlのペットボトルにヘタをとった島唐辛子15個ほどを入れ、泡盛500mlを注いで常温で1か月ほど置いておきましょう。泡盛が薄く色づいたら完成。辛いものが好きな人は島唐辛子の量を増やしてもOKですよ。でき上がった「コーレーグース」は、豚のあばら肉をしょうゆ、泡盛、黒砂糖などで煮込んだ「ソーキ」をトマトと合わせた「ソーキのトマト煮」にちょい足し。加熱調理してアルコール分を飛ばせば、子どもでも食べられる絶品メニューに大変身します。

他にも、みそ汁や冷奴、納豆などさまざまな料理にちょい足しできる「コーレーグース」。料理をおいしくしてくれる上に、ダイエットや美肌にも効果的な「コーレーグース」はネット通販などでも買えるので、ぜひ利用してみてくださいね。

文/プティ・キョーコ

元記事を読む
提供元: fytteの記事一覧はこちら
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。