ダイエットだけがボディケアじゃない!健康的な食事法を教えて♡

寒い季節は冬太りが心配、という方も多いと思います。ダイエットというとボディケアを頑張ったり、食べる量を減らしたりといった方法に行きがちですが、実は健康的な食事法が一番自然なダイエットにつながりやすいのをご存知ですか?今日から実践できる食事法をご紹介しましょう。

食事はバランスが大事☆

私たちになじみ深い和食は、ユネスコの無形文化遺産に登録されるほど理想的な食文化なんです。

和食の基本は「一汁三菜」ですね☆
この食事のスタイルが、栄養バランスからみても理想的だと、世界中で評価が高まっているんです。
あまりに身近すぎて、普段の生活で意識することは少ないかもしれませんね!

では一汁三菜の中身は一体何でしょうか?
ご飯などの穀類の「主食」を基本に、魚や肉、大豆などのたんぱく質中心のおかずとなる「主菜」、野菜や海藻、きのこなどの「副菜」、それに「汁物」を組み合わせたもの、それが基本形です。

まさに和定食のような内容が、理想の栄養バランスで出来ているというわけです。

まずは自分の食事内容をチェックして、和定食のような内容を目指してみるところからスタートしてみてくださいね♪

ポイントは3色の食材にあり?!

理想の栄養バランスにさらに近づけるなら、食材の中身にもこだわっていきましょう。
簡単に出来るのは、「黄・赤・緑」の3色の食材を摂るように意識することです。

「黄」は、ご飯や麺類、パンなど主食になる糖質中心の食材で、身体を動かすエネルギー源になります。

「赤」は、魚や肉、大豆や卵など、主菜となるたんぱく質中心の食材。身体の血や骨、肉を作り出すもとです。

「緑」は野菜や海藻、きのこなど、副菜となる食材で、身体の調子を整える働きがあります。

これらの彩りが揃うように気を付けると、自然と栄養バランスの取れた食事をすることが出来ますよ♪

外食の時も一工夫で栄養バランスアップ!

外食の時、和定食のお店があれば良いですが、なかなか見つからない時や、違うものが食べたい時もありますよね。そんな時もちょっと意識すれば、健康的な食事になりますよ。

例えば、お店でカレーをオーダーする場合で考えてみましょう。
ご飯は主食で、お肉の入ったカレーは主菜ですね。カレーにはお野菜も入っているけれど、副菜というほどではありません。

そんな時は、別に副菜としてサラダを追加するのがおすすめです♪
一工夫で主食、主菜、副菜が揃い、栄養バランスがアップします。

無理のないカロリーダウンの方法

栄養バランスに加えて、一日の摂取カロリーをオーバーしないように意識すればさらに良いですね!

食事の時に少しずつでもカロリーダウンするように気を付けてみてください。
以下のようなことを意識すると良いですよ♪

・ご飯の量は控えめにする
・カロリー表示をチェックする
・揚げ物はなるべく摂らない
・間食は低カロリーのものを少量に
・お酒を飲むならご飯は少なく

ちょっとしたことでも積み重ねることで効果は現れてきます。コツコツと続けたいですね☆

生活に取り入れたい、血糖値コントロール法

最近話題の糖質オフダイエットですが、糖質を控えるのはもちろん、食後の血糖値の急上昇を抑えることも大切です。

食事をして血糖値が急上昇すると、それを下げるためにインスリンが分泌されます。インスリンには余った糖を脂肪に変えて蓄積してしまう働きがあるのです。

糖質を多く摂ったり、短時間で食事をしたりすると血糖値が急上昇しやすく、太りやすくなってしまうので要注意です。

そこで食事に一工夫をプラスしましょう。食後の血糖値を抑える食材があるんです。

まいたけやゴボウ、なめこ、おくらなどの水溶性植物繊維が豊富な食材がおすすめ。特にまいたけには食後の血糖値の急上昇を抑える効果があるとの研究があるそうです。
これらの食材を積極的に取り入れて、食事はゆっくりよく噛んで摂りましょう♪

いかがでしたか?
無理なダイエットは身体に負担となり、リバウンドもしやすくなります。毎日の食事内容を見直して、健康的なダイエットにつなげたいですね!

元記事を読む
提供元: myrecoの記事一覧はこちら
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
01
女性必見の最新トレンドニュースを
毎日お届け!
あなたらしさを応援する、
オトナの女性におくる情報アプリ
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。
02
あとで見たい時も大丈夫!
お気に入り機能で賢く整理