1. トップ
  2. 恋愛
  3. 仕事も恋愛も微妙。2018年なにからやればいいの?

仕事も恋愛も微妙。2018年なにからやればいいの?

  • 2018.1.16
  • 6719 views

こんにちは。恋愛・婚活コンサルタントの菊乃です。
年賀状で友達や同僚の結婚式、子どもを見て

「あー、私はなにも変わってないな。よし、今年こそ彼氏を作る!」
そんな決意を正月にした人もいるかもしれませんね。

2018年は重要な一年です。

お仕事は充実しているという方なら直接関係ありませんが、読者の中には

「この仕事をいつまで続けていくんだろう」

と思っている方もいるかもしれません。
転職を考えても

「もしかしたら結婚で仕事を辞めるかもしれないし、だったら大変な思いをしてまで転職活動してもなぁ」

と思って結婚の予定もないのにズルズルと中途半端なキャリアのままきてしまい30代になった女性もおります。
中途半端なキャリアとは

・非正規雇用

・正社員だけどほぼ昇給のない簡単な事務職など

実績になりにくい仕事です。
そんな方はまずはキャリアアップを本格的にやりましょう。昇格、社員登用、転職などです。一見、遠回りのようですがその方が出会いにも効果的。
なぜかというと理由は3つあります。

(1)キャリアのない女性をわざわざ選ばない

共稼ぎの時代、女性でも公務員・看護師・銀行員など安定した仕事に就いている女性の方が人気なのです。男性の中には「仕事が忙しく家事を手伝うのはムリ。しっかり家のことをやってもらいたいから、結婚後は家のことを中心にやって欲しい」という方もいるでしょう。

だからと言って多忙なビジネスマンがフリーターと結婚するわけがないのです。(例外は若くてかわいいなら別かもしれないけど)自分と価値観・会話が釣り合う女性となれば、たいていしっかり働いている。

30代ではじめて正社員になったという女性から

「今までは『仕事何しているの?』と聞かれて答えるのが後ろめたかった。真面目に働いているし派遣でもいいやと思っていたけれど、実際に出会いの場に行くと気後れしてしまって」

といっておりました。
結果として専業主婦になることはあっても、狙って専業主婦になる時代ではない。

「結婚したら仕事辞めるかもしれないし」と仕事を適当に選ぶ適当な女の方が選ばれない時代です。

(2)2018年に大量の派遣切り・雇止めがあるかも

今が派遣社員、契約社員、パートなどの非正規雇用という方は今の自分の雇用契約期間をご存知でしょうか?2015年から同じところで同じ人を非正規で雇う場合は最大3年までと法律が改正されました。5年以上同じところで働いている非正規雇用の方は「無期雇用」にするルールになるようです。

「やった~!じゃ、ずっと働けるんだ」

というのは大間違い。コストがかさむようならば、2018年のうちに契約更新しなければいいのです。つまり2018年に派遣切り・雇止めにあうひとがたくさん出るかもしれません。

(3)オリンピック前の好景気

今はバブル景気の時ぐらいに、有効求人倍率が高いそうです。「今はそういう気分じゃないし、気持ちがあがったら転職活動も挑戦してもいいかな」なんて自分のメンタル上下じゃなく有効求人倍率の上下を気にしましょう。来年、同じぐらいの求人数がないかもしれません。
恋愛コラムと思って読んだら、重い内容で驚いた方もいらっしゃるかもしれません。

あるパート(30代)の女性は親から「生活を安定させたいなら結婚しなさい」と言われて結婚相談所に入会したそうです。結婚相談所は男性が非正規雇用だと入会を断られるケースがありますが、女性の場合はパートでも入会できます。

入会金10万円で毎月1万円の月謝を支払いながら、彼女は結婚できず。「女性が働きすぎるとお嫁に行けなくなる」という親世代の価値観の方がまれに相談にくることがありぞっとしてしまうのです。
社会とのつながりが乏しく、気が付いたら非正規雇用実家暮らしのまま40代に突入しオリンピック後で景気が悪化したら…ホームレスとか孤独死かも。何とかなるうちに、何とかしましょう。それが2018年なのです。(きえお/ライター)
(愛カツ編集部)