当てはまったら要注意!離婚に向かう夫婦に多い5つのステップ

夫婦でいれば時には喧嘩することも。でも、だんだん関係が悪くなっていくとそのうち修復不可能な段階にまでいってしまいます。離婚に向かう夫婦に多い5つのステップとは?

喧嘩のあと仲直りの努力をしない

夫婦だったら喧嘩することだってあるものですよね。でも、たいてい双方が歩み寄ったり、どちらかが謝って関係を修復するもの。そのような努力をしている夫婦であれば、離婚の心配もありません。

でも、険悪な雰囲気になってもお互いに歩み寄らなければ関係は一気に悪いほうに加速してしまいます。関係修復の努力をしなくなったときが、離婚に向かう第一ステップ。もしそのようなことがあれば、できるだけ早く歩み寄る努力をしたほうがよさそうです。

話題がない? 会話をしなくなる

新婚当時は話題に困ることもなく、いつも楽しく会話していたのに、最近は共通の話題もなく会話は用事があるときだけ。こんな夫婦も危険がいっぱい。

夫婦といえども、もとは他人。コミュニケーションを取ることはとても大切なのに、それを忘れていませんか?

お互いの事に興味がなくなったり、夫が「疲れているのだから妻のつまらない話なんか聞きたくない」などと思っていたら、離婚が頭をよぎることも増えてきます。

人格を否定するようなことを言う

夫婦喧嘩の時に、人格を否定するような発言が多い夫婦も離婚の可能性が高いそうです。

「あなたはどうせ○○なんだから」とか「おまえは何をやってもきちんとできないんだな」などと、どんどんエスカレート。今までの不満をぶつけあい、お互いに反省することがなければ後戻りできないところまで行ってしまう可能性大です。

どちらかが一方的に相手の人格を否定するような発言を繰り返すのは、モラハラにもあたること。この場合はモラハラされている方が我慢をして離婚にならない場合もあるようです。

問題にきちんと向き合わない

何か問題があっても夫婦できちんと話し合うことができなければ、いずれその関係は破たんしてしまうかもしれません。もし話し合いをしても自分の言い分ばかり言い張っていれば、なおさら離婚の危険も高くなります。

何か嫌なことがあればきちんと伝え、不満をため込まないで解決策を探す夫婦は大丈夫。それを避けている夫婦は離婚へのカウントダウンが始まっているかもしれませんね。

責任をなすりつけて攻撃しあう

家の事や子どもの事など、何か問題が起きた時に責任をなすりつけたり、責任の所在をはっきりさせようと躍起になるのも、夫婦として続けていくのが難しいパターン。犯人探しが目的になってしまっては、心を通じ合わせようという気もおきません。

このようなことが続けばそのうち、「家庭が上手くいかないのもお前のせいだ! 」ということにもなってしまいます。ここまできたらもう破綻寸前だと思いましょう。
 

思いやりを忘れずにいたいもの

離婚のきっかけは、実はほんの小さなすれ違いということも多いもの。離婚に向かってしまう夫婦は、円満な夫婦と選ぶ道が少しずつずれて、最後には関係が破たんしてしまいます。ほんの少しの思いやりや相手をいたわる気持ちがあれば、離婚までは発展しないのでは?

それでも離婚してしまうのであれば、もともと性格が合わなかったのかもしれません。
(愛カツ編集部)

元記事を読む
提供元: 愛カツの記事一覧はこちら
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。