1. トップ
  2. スキンケア
  3. ギョッ、意外とやりがち…! おばさん化が進む「朝のNG洗顔法」

ギョッ、意外とやりがち…! おばさん化が進む「朝のNG洗顔法」

  • 2018.1.11
  • 6500 views

ギョッ、意外とやりがち…! おばさん化が進む「朝のNG洗顔法」

なにかとバタバタしがちな朝。忙しいのを理由に、スキンケアをおろそかにしていませんか? 朝に省略しがちなアレ、実は肌老化を招いているかもしれません。これを機に、朝の習慣を見直してみてはいかがでしょうか?

素洗いのみはオススメできない! 朝も洗顔をしたい理由

忙しい朝、起きたら洗顔料を使わずに素洗いで洗顔を済ませるという声をちらほらと聞きます。確かに省略できるものは省略したいですが、もしそれが老化の原因になっているとしたらすぐにやめたいところです。
ぬるま湯や水でも汗やホコリは洗い流せます。しかし、皮脂汚れは残りやすいのです。寝ている間にも皮脂は出ます。起きるとちょっと肌がベトベトしているという経験をしたことがある方もいるでしょう。そのベトベトは、洗顔料でないと残ってしまうのです。
肌に残った皮脂は、ニキビの原因にもなります。さらに、肌老化を招いてしまうことも…! 素洗いをした後に化粧水や美容液などをつけても、浸透が悪くなってしまいます。いくら高い美容液を使っていても、これではガッカリ。さらに、皮脂が毛穴トラブルの原因になることも。こうなると、メイク乗りも悪くなってしまいます。つるんと若々しい肌にしたいなら、朝にも洗顔料を使うことをオススメします。

夜の洗顔料とは別のものを使うとgood! ストレスフリーにスキンケアを

朝から洗顔料を使うと、肌がつっぱって乾燥すると感じる方もいるようです。夜はクレンジング剤を使うこともあって、比較的さっぱりした使い心地の洗顔料が好まれます。朝はメイク落としなども必要ないですから、さっぱりとした洗顔料はつっぱりを感じることもあるでしょう。
そこで、乾燥肌用・敏感肌用などと書かれた、しっとりタイプの洗顔料を使ってみてはいかがでしょうか?洗顔料に保湿剤が入っていても、洗い流すから意味がないと思われがち。しかし、ワセリンなどの油分やセラミドを配合したものはうるおいを残しやすくします。こうした成分が入っているかどうかを確認して、朝の洗顔料を変えてみましょう。つっぱりが気にならなくなるかもしれません。
また、忙しい朝には泡タイプのものが時短になります。泡立てるのに時間がかかってしまうので、洗顔料のタイプを変えてみるのもひとつの手段ですよ。

朝洗顔で1日をフレッシュにスタート! 美肌にも近づけて一石二鳥

面倒だと思われがちな朝洗顔ですが、習慣化すると、意外にもリフレッシュ効果が! 顔を洗ってさっぱりすると、「よし、今日も頑張ろう」と思えるものです。忙しいから…と素洗いにしていた方も、きちんと洗顔をすると爽やかな1日を始められるはず。
さらにニキビや毛穴トラブル、肌老化も防げるとなったら、素洗いから切り替えるしかないでしょう。スキンケアの基本の「き」である洗顔を見直して、あなたも若々しい美肌に近づきましょう。

(C)evgenyatamanenko/Gettyimages
(C)Tinatin1/Gettyimages
(C)Petar Chernaev/Gettyimages