家で出来る!「ムートンブーツ」のお手入れ法

冬の定番、ムートンブーツ。

あったかくて、履きやすくて、冬には手放せないアイテムですよね。

しかし、その“良さ”が反対に“悩みのタネ”になるのが「お手入れ」。

ムートンは水や汚れに弱く、デリケートな素材。

たった1年でシミやカビだらけにしてしまわないように、今回はムートンブーツのお手入れ法をご紹介します。

■水染みになってしまったら…濡らす!?

雪が降っている日にこそ、履きたいムートンブーツ。でも、家やオフィスに着くころにはビショビショに。

そんなときには、まずは乾いたタオルで叩くようにして水気をとって。乾いた後には、やわらかめの馬毛ブラシ、ゴムブラシなどでブラッシングをすれば、綺麗になりますよ。

雨の日は、水たまりや泥はねなど、雪以上に後のケアが大変です。乾いた後にシミになってしまってしまうことも。

そんな時は、ブーツ全体を霧吹きのようなもので一旦濡らしましょう。シミが目立たないくらい湿ったら、陰干しして乾かします。ブーツ全体が乾いたころにはシミがなくなるか、あるいはだいぶ目立たなくなるはず。

このままではどっちみち履けない!というもの、または安価であきらめのつきそうなものから、水量加減を知るためにも試してみるといいでしょう。

買ったばかりのブーツの場合には、防水・保護のスプレーをかけておいて。

左右交互に3回繰り返して吹きかけて浸透させておくと安心です。中のファー部分にもかけておくと、汚れ防止にもなりますよ。

■手ごわい「中のケア」どうする?

そして、無視できないポイントなのが「中のケア」。

あの保温性と、ニオイのもととなる密閉具合は表裏一体。あまりほおっておくと、ニオイのせいで外で脱ぐことができなくなる、なんてことも。

ニオイ、雑菌除去も同時に行って、いつでも気持ちよく履ける状態に保っておきましょう。

除菌・消臭スプレーをかけて3〜4時間置いておきます。新聞紙にインク付着防止のタオルなどを巻いて、靴中に入れておいてもいいでしょう。

いかがでしたか?

最近では、専門店でのクリーニングなどもありますが、日々の手入れも清潔に使って行くうえでとても大事なこと。ぜひ活用してみてくださいね。

元記事を読む
提供元: closetの記事一覧はこちら
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
01
女性必見の最新トレンドニュースを
毎日お届け!
あなたらしさを応援する、
オトナの女性におくる情報アプリ
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。
02
あとで見たい時も大丈夫!
お気に入り機能で賢く整理