3択クイズで”憧れの彼”が手に入る…♡「恋を成就させる心理テクニック」とは

こんにちは、女優&ライターのmamiです。

皆さんは、女性にとって大切な恋愛スキルって何だと思いますか?
心理学の研究で、彼氏がいる女性と、いない女性との1番大きな違いは「積極性」だという調査結果があるそう。
意外な気もしますが、草食系男子に代表される「恋愛に消極的な男性が増えた」せいかもしれないですね。

では、好きな男性にこちらから恋を仕掛けていくにはどうすればいいのか?
心理テスト研究家津山秀樹氏考案の3択問題を使って、恋を成就させるための心理テクニックを伝授したいと思います!

●(1)告白のタイミング

仕事ができる男性を好きになりました。
自分から積極的に告白をするとしたら、彼がどんな精神状態のときがベストでしょう?

(A)仕事が絶好調で、機嫌がいい状態
(B)仕事が上手くいかなくて、自身を失っている状態
(C)仕事を離れて、趣味などを楽しんでいる状態

●正解&解説

正解:(B)

アメリカの心理学者ウォルスターの研究で、自尊心が傷ついて自己評価が低下している時には、自分に好意を示してくれる異性をいつも以上に魅力的に感じる ということが分かっています。

(A)のように自尊心が高まっている時は、女性を見る目も厳しくなってしまいます。
Cは自尊心が傷ついても高まってもいないので、タイミングとしては△です。
つまりベストなタイミングは(B)。

彼が自信を持っている分野で失敗したときが、恋にはチャンスです。

●(2)2回目の告白

彼に一度告白して振られてしまいました。
でもどうしても諦めきれません。
「2回目の告白」をして成功させるにはどうすればいいでしょう?

(A)「諦めきれなくて」と正直に訴える
(B)彼の発言や行動をきっかけに「改めて好きになった」と告げる
(C)自分磨きやオシャレをし、魅力をアップして迫る

●正解&解説

正解:(B)

(A)の行動をしてしまう気持ちは分かりますが、相手からは「重く」、あるいは「しつこく」受け取られてしまう可能性が高いでしょう。
(C)も悪くはないですが、綺麗になり魅力が増したからといって、恋してくれるとは限りません。

「2回目の告白」をするからにはそれなりの理由が必要なのです。

最初の告白とは別の理由で、あのときのあなたの言葉で改めて好きになった と別の面を評価すれば、男性は悪い気がしません。
具体的な言動を評価されること、しかも多面的に評価されることは人間の「自尊欲求」を深く満たします。

●(3)一目惚れ

一目惚れした男性に、あなたならどういう態度を取りますか?
気持ちをあらわす? それとも隠しちゃう?

(A)最初はちやほやして、だんだんと気持ちを抑えられるようになる
(B)最初はかえって冷たくしてしまう。その後だんだん優しく接することができるようになる
(C)ずっと優しくする。好きな人に対する態度は変えない

●正解&解説

正解:(B)

アメリカの心理学者アロンソンの「魅力度評定実験」から、(A)のように最初は好意的で次第に冷淡になる、というのは悪印象である事が証明されています。
(B)の対応が最も相手から好感が持たれます。
(C)のように「ずっと優しい」は好かれそうですが、相手にすれば「ただの優しい人」で終わる可能性が高いです。

最初冷淡でだんだん優しくなると自分を認めてくれた と感じ、それが好意につながります。
ツンデレはやっぱり効果的ってことですね。

----------

いかがでしょうか。
いくら女性から積極的に行動した方がいいといっても、むやみに迫っていったのでは失敗してしまうかもしれません。

相手の状況をよく見て、ベストなタイミングを狙いましょう。
1回の告白で諦めるなんて、早すぎるかもしれませんよ〜!

【参考文献】
・『恋のサンタク』津田秀樹・著(マガジンハウス文庫)

●ライター/mami(女優&ライター)

元記事を読む
提供元: 恋愛jpの記事一覧はこちら
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。