癒しの空間で焼きたての梅ヶ枝餅を。「陶芸と土産の店 小野筑紫堂」

undefined

出典:https://news.walkerplus.com/article/131533/

太宰府天満宮の参道沿いで、小野家は平安以来の歴史があり、旧社家町で唯一残っている由緒ある家柄。「陶芸と土産の店 小野筑紫堂」は戦後の創業で、現在はたくさんの工芸品やみやげ品が置かれ、その一角で梅ヶ枝餅を販売している。

■ 甘さ控えめの上品な自家製あんが自慢。工芸品とみやげもそろう

一見、売り場が目を引くが、奥にはゆったり過ごせる喫茶スペースもあり、四季折々の美しさ、特に2月の鶯宿梅にはファンも多い庭を眺めながら、焼きたての梅ヶ枝餅を味わうことができる。知る人ぞ知る癒しの空間だ。

焼き場の奥にある喫茶スペースは、和の香る落ち着いた設え。季節の花をさりげなくあしらうなど細やかな心遣いがうれしい。

人気は「抹茶セット」(600円)。お抹茶と味わう梅ヶ枝餅もまた格別。夏には福岡農業高校が製造協力した「太宰府梅サイダー」(250円)を楽しめるほか、甘酒(400円)、くず湯(450円)、ゆず茶(350円)、ぜんざい(600円)などもあり、どれも心と体を満たしてくれるものばかりだ。

焼きたての梅ヶ枝餅は、薄めの生地とほどよい甘さのあんがベストマッチ。生地は外側だけではなく、全体的にパリッと香ばしく、つぶあんがしっかり主張している。

そのつぶあんの元となる小豆は、和菓子店でも使われるという北海道産の「雅」を使用。昔ながらの甘さを控えた配分で小豆本来の味をしっかりと感じることができる。つぶ感を残しつつ、しっとりと仕上げた食感もたまらない。

ゆったりとしたくつろぎの空間と、どこかほっとする味わいの梅ヶ枝餅。参拝がてら古都での癒しのひと時はいかが?

[陶芸と土産の店 小野筑紫堂]福岡県太宰府市宰府2-7-22 / 092-922-4210 / 9:00~17:30 / 不定休

【九州ウォーカー編集部/文=安藤エリカ/撮影=鍋田広一(パンフィールド)】(九州ウォーカー・九州ウォーカー編集部)

元記事を読む
提供元: ウォーカープラスの記事一覧はこちら

FEATURE

サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。