冬の耳元を華やかに彩る「ボルドーカラーのピアス」の作り方

この冬は大人なボルドーカラーを取り入れて

華奢なアクセサリーが映える冬。キラキラと輝くロマンティックな街並みとマッチして、女性らしさ際立ちます。もしアクセサリーショップをのぞいても自分好みのデザインが無ければ、思い切って手作りしてみましょう。

今回紹介するハンドメイドのピアスは、冬らしいボルドーカラーを取り入れた、女子に嬉しいアイテムです。彼とのデートや女子会コーデのアクセントに、手作りピアスを取り入れてみませんか?

ビーズにTピンを差し込み、丸める

まずはビーズのおしりから、Tピンを差し込みます。Tピンは文字通り、T字状になったピン。ここにパーツを通し、他のパーツにぶら下げられるように加工できます。

ビーズにTピンを差し込んだら、ピンを直角に折り曲げ、数mmを残してニッパーでカットしましょう。そのあと、ピン先を丸める作業に入ります。

ピン先を丸ヤットコと呼ばれる工具で挟んだら、丸めながら起こしていきましょう。手首を使うときれいな丸が作りやすくなります。途中で止めずに、一度で丸めるよう意識してください。最後に、すき間が空いてしまわないよう、しっかりとリング状に成型したらOKです。次の工程に進みましょう。

飾りとなるスクエアパーツをセッティング

次に、ビーズの周りを取り囲むスクエアパーツをセットしていきます。先ほど成型したTピンの先端に丸カンを差し込んだら、スクエアパーツをはさみます。

丸カンとは、パーツとパーツをつなぐためのリング状のパーツです。マルカンの両口を固定し、ゆっくり閉じていきましょう。

両方から力をかけると難しいため、片方は固定し、もう片方で閉じるようなイメージで進めていくことがポイントです。輪がつぶれたり、閉じすぎてしまわないよう、慎重に力を入れましょう。

最後にピアスパーツをつなげて完成

飾りパーツができ上がったので、最後にピアスパーツを付けていきましょう。スクエアパーツを手に取って、先ほどセットした丸カンに、もうひとつ丸カンをつけます。ピアスパーツの根元をその丸カンに入れ込んだら、あとは同じように口を閉じていけば完成です。

例えば秋冬なら、ネイビーやべっ甲柄などのビーズもおすすめです。ビーズをパールに変えてもおしゃれに仕上がります。自分で作ったピアスはいかがでしょうか? 合わせるパーツを変えると、また違った印象のアクセサリーに仕上がります。

また、今回はスクエアパーツで囲みましたが、北欧風のヒンメリモチーフやサークルパーツも人気です。好みのパーツを選んで、自分らしいアクセサリーを作ってみてください。

監修:フラワーアクセサリーSARAH GAUDI(サラ・ガウディ) 折田さやか

元記事を読む
提供元: LeTRONCの記事一覧はこちら
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。