あなたの彼への想いはどっち?「真の愛」と「執着」のボーダーライン

【元ホステスが語る男ゴコロの裏事情144】
彼のことを本当に愛しているのか、それともただ執着してしまっているのか……自分でもよくわかっていない女性もいるのではないでしょうか?

そこで今回は「真の愛」と「ただの執着」のボーダーラインについてお話ししましょう。

■幸せな恋愛か苦しい恋愛か
ケンカしても「これを機に彼との関係をしっかり見直そう」「私も悪いところがあったから、素直に謝ろう」などと、何があっても二人の関係を前向き考えられる、彼との関係を純粋に幸せと感じられるのなら愛でしょうね。

だけど「自分が次の彼氏候補を見つける前に、彼が浮気して他の女に行くのはムカつく」とか、ケンカするたびに「音信不通になるのでは?」「フラれるのかな?」と絶望的な考えになってばかりで、二人の関係をどこか苦しく感じるようなら愛じゃなく執着かもしれません。

恋愛に苦しい感情はつきものですが、好きすぎて苦しいのではなく、不安で苦しい、負けたら嫌という謎の敵対心があるなら、それは愛ではないと考えられます。

■愛を与えたいか、愛が欲しいか
喜ぶ顔が見たくて、彼のためにいろいろしてあげたいなぁと見返りを期待せず、素直に愛を与えたい想いがあるのなら愛でしょう。

でも「私がこれだけ尽くしているのに、彼ったら何もしてくれない!」と見返りを求めてしまっているのなら、ただの執着ですね。

愛は与えるものであって、利益を求めるものじゃないですから。何かしてほしいと期待している時点で愛はありません。

■自分が変わりたいか相手を変えたいか
彼と意見や生活習慣が違った場合、「なるべく彼に合わせよう」「自分が変わろう」と思えるのは愛でしょう。

けれど、自分の価値観を押しつけ、無理に彼を変えようとするのはただの執着。あなたが愛しているのは彼ではなく自分自身なんです。

■連絡が少なくても良い関係を保てるか
電話やLINEでのやり取りが少なくても彼と良い関係を保てる、というのはお互いにちゃんと信じ、愛しているからですよね。

すぐに返信がないと不安で彼に過剰に連絡するとか、「なんで連絡くれないの?」と彼を問い詰めてしまうというのなら、愛ではなくただの執着。

自分の不安を取り除くために、彼に不安をぶつける関係に愛はありません。遠距離恋愛でもないのに二人の恋愛を支えるのが「連絡」になってしまっている場合、どこかで終わりを迎えますよ。

■傷つけるより傷ついたほうがいいか
彼と長く付き合っていたらケンカすることもあるでしょう、もしかしたら嘘をつかれることもあるかもしれません。

そんな時でも「彼を傷つけるより、自分が傷ついたほうがマシ」と思えるなら本当に心から彼を愛している証拠。

逆に彼に傷つけられて憎しみの感情が湧いたなら、愛ではなく執着だったんです。本当に相手のことを愛してたら、何があっても傷つけたくないものですから。

■終わりに
彼への愛と執着がごっちゃになっている女性も多いでしょう。執着心は必ず相手を傷つけます。執着で成り立っている関係は、お互いにただただ疲れるだけ。幸せにはなれません。

この機会に自分の気持ちや二人の関係を見つめ直してみては。

ライタープロフィール
美佳

元ホステス。現在いろんなサイトでちょこちょこ記事を執筆中。

「そろそろ白馬に乗った王子様が迎えに来ないかなー♪」と結婚を夢見はじめたが、王子様はお姫様しか迎えに行かないことに気づいた独身アラサーです。

※画像出典/shutterstock

元記事を読む
提供元: cocoloni PROLOの記事一覧はこちら
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。