同棲する前に話し合っておきたいリアリティチェック5つ

付き合っている彼といよいよ同棲! という話が出れば、誰だって胸が高鳴ります。愛する人と生活を共にするというのは素晴らしいことですが、でもあまり甘い期待ばかりしていると、後で痛い目に合うかもしれません。
お金も絡んでくることですし、同棲を決める前に彼としっかり話し合っておきたいことをまとめてみました。

同棲する前に話し合っておきたいリアリティチェック

1. 家賃、光熱費、生活費はどうやって分担してゆく?

一緒に住むからには生活にかかる諸々のお金について正直に話し合っておく必要があります。家賃、光熱費、食費などの生活費等、どうやって分担してゆくのか、もしどちらか一方が仕事を失ったり、収入が減った時はどんなふうにカバーするのか、想定できるシナリオを全て考えて備えておくことが大切です。
“まあ何とかなるよね”と見切り発車したり、曖昧なままにしておくのは後で大きなトラブルの原因にもなりかねません。

2. 家事をどんなふうにこなしてゆく? 部屋の清潔さはどの程度を望んでいる?

一緒に暮らすうえで家事をどのようにこなしてゆくか、というのもぜひ同棲を決める前に、きちんと話し合っておきたいトピックス。とくに部屋がどの程度汚れていても平気かという耐性はお互いに納得しておかないと、同棲がスタートしてから大きなストレス要因になるでしょう。
毎日掃除機をかけなければ気が済まない人もいれば、週2、3回の掃除で十分という人もいます。どちらか一方がいつも負担するのも重荷となるので要注意です。

3. もし破局したら、どちらが出てゆく? 家具類はどうやって処分する?

さあ同棲しようと意気投合している時に水を差すような話題ですが、最悪のシナリオも想定しておくのが賢明というものです。今はラブラブでも、もし破局したら、どちらが出てゆくのか、家具類などはどう処分するのか、ある程度現実味のある答えを見つけておいた方が良いでしょう。
もちろんそんな話をしたからテンションが下がる、なんてことはないはず。もしそうなら、同棲そのものをいったん保留とした方が良さそうです。

4. どれくらいのあいだ同棲期間を過ごすつもり?

同棲するからには具体的なタイムフレームを決めておいた方がお互いのためとなりそう。仕事や転勤、あるいは結婚を視野に入れてのことなのか、など将来的な展望もある程度一致していないと先々不安にもなってくるでしょう。
賃貸物件で一緒に住むなら、契約更新のタイミングもあるので“期限”を決めておくことは大切です。

5. お互いのどんなクセや行動習慣が気になったり、イライラしたりする?

会うのがデートの時だけなら、相手にいつもベストな自分を見てもらえるし、カッコつけることだってできます。でも一緒に住むようになったらそういう訳にもいきません。ありのままの素の自分をさらけ出さなきゃいけないし、見栄を張ったりすることもできないでしょう。
自分では気づかなくても相手を苛立たせるクセや習慣があるかもしれません。そんな部分もこの際包み隠さず正直に話し合っておいたほうが同棲もよりスムーズにゆきそうです。

元記事を読む
提供元: Googirlの記事一覧はこちら
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。