1. トップ
  2. 恋愛
  3. みんな結婚するから結婚しようかな。多数派になりたがる女が不幸な理由

みんな結婚するから結婚しようかな。多数派になりたがる女が不幸な理由

  • 2018.1.2
  • 978 views

こんにちは。恋愛・婚活コンサルタントの菊乃です。
ご相談に来る方で、何をしたいか明確な方は結果出すのが早いです。

明確な人との例とはこんな感じです。
「ふった男を見返したい」

「好きな人を振り向かせたい」

「今まで彼氏がいたことがない。ディズニーランドに行ける彼氏が欲しい」

明確じゃない方というのは、なぜ彼氏が欲しいか、なぜ結婚したいか自分なりの理由が無いのです。
「親が結婚相談所入れっていうから入ったけどうまくいかない」

「周りが結婚していくから私もしなきゃと思った」
など周りに左右のされる。もちろんきっかけの一つが周りや親の後押しでもいいと思う。しかし、自分の意志がない女性は「いい男」「理想の結婚」も親が安心しそうとか友達に自慢できそうで選ぶのです。
彼氏ができたら休日の過ごし方が変わるでしょう。どう過ごしたいか十人十色。
・近くにお出かけしたい。

・カフェ行ってお話したい。

・年にせめて1回は2人で旅行に行きたい。

・いつも一緒より1人の時間も必要だからべったりじゃない方がいい。

・家でご飯作って2人で食べたい。

・友達にも紹介して大勢でバーベキューとかしたい。

・2人でドライブ行きたい。

・カラオケに行きたい。
理想の過ごし方に正解はない。
そんな過ごし方ができる相手はどんな人なのだろうか?
恋は1人でやるもの。みんながやるからやろうとせず自分で決めよう。他の人がいい男という男性があなたにとっていい男かどうかは限りません。
数年前にご相談にいらっしゃったAさんは、20代後半のころに二人の男性から告白されたときに、スペックで選んだそうです。
ところが、ハイスペックな男性の笑い方が嫌だったとか。彼から結婚の話が出てからそれに気が付いて、分かれたそうですがその話を周りにすると
「そんな笑い方なんて初めから分かるじゃん!」
といわれたとか。その彼氏と別れた時には30代。もう一人、彼女にアプローチした男性は結婚していたそうです。Aさんも無事、新たなパートナーに出会い結婚されました。
自分にとっていい男を見失わないようにしたいですね。美味しくご飯が食べれるとか、笑いのツボがあうとか、一緒にいて楽チンとかそんなことかもしれないのに。(菊乃/ライター)
(愛カツ編集部)