リンスの意味と効果を徹底解明!毎日使ってるのに意外と知らないかも!

あなたは毎日何気なくシャンプー・リンスをしていませんか?シャンプーはもちろん、リンスにも意外と知らない意味があるんですよ!そこで今回は、リンスの意味と効果を紹介します。知らないなんてもったいない!今日からリンスの力を最大限発揮させて、うる艶髪を手に入れましょう。

シャンプーの後に欠かせないリンスの役割とは?

シャンプーだけではダメ!その理由とは

シャンプーは、頭皮や髪の表面に付着した汚れをさっぱり洗浄してくれるもの。シャンプーだけで終了してしまうと、髪は素の状態でダメージを受けやすくなってしまいます。シャンプー後には髪の保護が大切です。

 

リンスは髪を守ってくれる強い味方!

シャンプーで素の状態になった髪の毛を、油分でコーティングしてくれるのがリンスの役目。乾燥やパサつきなどを抑え、髪に艶を与えてくれるリンスは美しい髪を保つ強い味方です!

 

リンスとコンディショナー・トリートメントの違い

違いがあるの?それぞれ特徴を徹底解析!

リンスとコンディショナーは、髪の表面をコーティングすることで外から受けるダメージを軽減する意味があります。一方、トリートメントは髪の内側を補修する意味があるのです。

 

自分の髪の状態に合わせて選ぼう!

あなたの髪の状態はどうですか?髪のごわつきが気になる人にはリンスがおすすめ!リンスを使用することで髪本来の艶が蘇り、指通りも良くなります。

 

併用するなら、リンスとトリートメント!

リンスとトリートメントを併用してみましょう!シャンプーの後にトリートメントを使用して内側に潤いを、最後にリンスを使用することで髪に膜を張ります。これで潤いを長くキープできますよ♪

 

あなたは知っていますか?リンスの正しい使い方

多すぎても意味がない!?適量が大切!

リンスの成分を多く取り入れたいからといって、多めに付けている人はいませんか?たくさんつけても効果は一緒です。リンスを出すときは適量を心掛け、自分の髪の量や長さに合わせて調節しましょう!

 

リンスを付けるときは、毛先を中心に!

リンスは最も乾燥しやすい毛先に付けると効果的♪毛先が潤うと、枝毛やパサつき知らずの美しい髪に近づきますよ。リンスを付けるときは根元からではなく、毛先から付けるのがコツです!

 

髪を包み込んで、リンスを馴染ませよう!

リンスを全体に馴染ませるときは、髪を両手で優しく包み込み、上から下へゆっくりすべらせます。全体に行き渡ったら、軽く揉みこみましょう。揉みこむことで、髪一本一本にリンスが付きやすくなります。

 

リンスを使うときに注意すべきこと

頭皮に付かないように注意しよう!

リンスが頭皮に付着してしまうと、ベタつきやかゆみなど頭皮トラブルの原因になってしまいます。リンスを使用するときは根元を避け、髪の毛だけにつけるように注意しましょう。

 

リンスを少し残すは都市伝説!しっかりと洗い流そう!

リンスは少し残してすすぐと聞いたことはありますか?それは都市伝説。しっかり洗い流さないと、臭いやベタつきの原因になってしまいます。すすぎはぬめりが無くなるまで行うのがポイントです。

 

さっそく今日から実践して、うる艶髪を手に入れよう!

今回はリンスの意味と効果を紹介しました。リンスはいろいろな力を秘めた優れもの。正しい使い方をすれば、リンスの効果を最大限引き出すことができますよ。あなたも、さっそく今日のお風呂タイムに実践してみてくださいね♡

 

元記事を読む
提供元: HAIRの記事一覧はこちら
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。