1. トップ
  2. レシピ
  3. 暴飲暴食の疲れをリセット!身体すっきりデトックス法

暴飲暴食の疲れをリセット!身体すっきりデトックス法

  • 2017.12.30
  • 2341 views

年末は暴飲暴食をしてしまうこともしばしば。さらに冬は寒くて動くのが億劫になりがちなので、運動不足になりやすい時期でもあります。
暴飲暴食をしたり、運動不足になったりすると体内に毒素を溜めてしまいがち。できれば年内にいらない毒素をスッキリとさせて気持ちの良い状態で新年を迎えたいもの。
そこで今回は、エステティシャンである筆者が簡単にできるデトックスのやり方をご紹介します。

デトックスをするメリット

「デトックス」とは、体内に溜まった毒素を排出するという意味であり、「解毒」ともいわれます。
わたしたち人間は、食べ物を食べると消化し、エネルギーを作り、必要な栄養素を吸収した後、体内に残った老廃物や体内から発生する乳酸や尿素のことを毒素とし、日々体外に排出しています。
この不必要な老廃物を早く排出することで、こんなメリットがあります。
・体が軽くなる
・体重の増加を調整できる
・必要な栄養素を吸収できる
・新陳代謝アップ効果が期待できる
・血液やリンパの流れが良くなるので、肩こりやむくみ解消効果も期待できる
・自律神経を整える
・免疫力がアップする

デトックスに効果的な食材は?

食物繊維が豊富なもの
えだまめ、ほうれん草、セロリ、白菜、ごぼう、れんこん、なめこ、しめじ、ひじき、ワカメ、昆布など、食物繊維が豊富に含まれている食材は腸の働きを助けて、老廃物を外に出しやすくする効果があります。
カリウムを含むもの
「カリウム」はバナナ、メロン、りんご、みかん、かぼちゃ、納豆、アボカド、さつまいもなどに多く含まれます。
カリウムには塩分の排泄を助ける効果があります。むくみ予防のためにも積極的に取り入れましょう。

運動やながらストレッチを日常に取り入れて!

寒い季節になると動くのが億劫になり、運動量が減るので筋肉を動かすことが少なくなります。しかし食事量は同じ、もしくは増えることで脂肪燃焼率が低下し、太りやすくなってしまいます。
日が当たっている時間帯にウォーキングをしたり、普段ならエスカレーターやエレベーターを使うところを歩いたり、朝起きたらウエストをひねったり、入浴中はお腹や太もものマッサージ、仕事の休憩時間はストレッチをするなど、日々の生活の中で何かしながら運動を取り入れるところから始めましょう。

デトックスを毎日の習慣にしてみよう!

上記で紹介したものを、1日だけやってもあまり意味がありません。デトックスは毎日の積み重ねが大事。
今すぐにでもはじめられるような簡単なことから少しずつスタートしていき、すっきりボディを目指しましょう。
・朝の寝起きにコップ一杯の常温のお水を飲み、ウエストひねりを15回ほど行う。
・1.5ℓほどのお水を1日かけて少しずつ飲み、トイレは7、8回は行くようにし、体の水分を循環させる。
・日頃から食事のメニューには食物繊維とカリウムを意識して取り入れる。
・食べ過ぎた翌日は、蒸し野菜多めに、鶏肉などのタンパク質を摂り、炭水化物は控えめにする。
・階段などを使いながら、エクササイズや運動は日中の間に、帰宅後はストレッチやマッサージを入念に行う。

いかがでしたか? これらのポイントを抑えることが出来れば、毒素を溜めない体になり、健康やダイエットに役立つでしょう。
暴飲暴食が増えるこの季節は、より意識して取り入れてみて下さいね。
ライタープロフィール
エステサロン プライベートサロン Laule’a 代表・寒川あゆみ
某エステティックサロンにて勤務を経て、現在、大阪 谷町九丁目 private salon Laule’aを運営。フェイシャルエステやボディマッサージ、ブライダルエステ、スキンケア講座なども開催。美容家、美容ライターとしても、数々の記事執筆など幅広く活動中。