1. トップ
  2. ファッション
  3. 専属読モ・カワイイ選抜の「冬の女子会コーデ」ランキング発表!

専属読モ・カワイイ選抜の「冬の女子会コーデ」ランキング発表!

  • 2017.12.27
  • 2768 views

年末女子会の勝負服TOP3

女友達だけで過ごす女子会は、思いっきり自分の好きなテイストを貫くのが正解。服だけでなく靴やバッグなど小物使いが上手な子たちが上位に入賞したもよう。

第3位

「自分に似合う」を知り尽くした真の上級者は、ヴィンテージのワンピース1枚で勝負!

加藤由佳さん (20歳)(non-noカワイイ選抜No.11)
「おしゃれな友達が多いから、女子会は誰ともカブらない個性的な雰囲気を重視。santa monicaで買ったヴィンテージのワンピースは、首元のフリルと細いリボンがポイントです。1枚でさらっと着ても目を引く、鮮やかなカラーと他にないデザインがすっごくお気に入り! バッグはちゃんとしたものを選びたい派なので、今日はバーバリーにしました。高級感をプラスしてくれて頼れる存在です」

足元はヒールではなく、あえてドクターマーチンを合わせてごつく。「普通よりもちょっと厚底のもののほうが、パンチがあって私の好みなんです」
審査員の声
「ベージュ系ワントーンで統一しているのに、落ち着きすぎてない。レトロな雰囲気を自分のものにしていてすごい」…前田涼子さん(スタイリスト)

「バーバリーとマーチンという正反対なアイテムをちゃんと共存させているところがさすが。何より似合っている!」…松尾正美さん(スタイリスト)

2位

チェック、レース、もこもこ……今年っぽさぎっしりでも個性を感じるバランスが秀逸。

吉田南歩さん (20歳)(non-noカワイイ選抜No.35)

「コーデにはトレンドをしっかり取り入れたい派です。GUで買ったグレンチェックのワイドパンツは、センターに細いタックが入っているから、縦が強調されて脚長見え効果がある気がする! ボトムに合わせて靴と帽子はメンズライクなものを選んでいます。トップスはwho’s who ChicoのレースとWEGOのシャギーニットを白で合わせて甘くして、おじさんっぽくなりすぎないように注意しました!」

ショートヘアからのぞく大ぶりのヴィンテージイヤリングがポイント! 肌なじみのいいゴールドなら、浮かないし顔をぱっと華やかにしてくれる。
審査員の声
「ボトムをワイドパンツで重くして、トップスは首元をすっきりさせるなど、バランスを計算しているのが分かる!」…前田涼子さん(スタイリスト)

「おじっぽさと甘さ、さらにトレンドまでを上手に組み合わせたコーデだと思う。スタイルよく見えるのも高評価」…立石和代さん(スタイリスト)

1位

ミニマムなシルエットとシンプルな色使いでまとめ、遊びある小物で攻めたこなれコーデ。

久保友梨さん (21歳)(non-noカワイイ選抜No.14)
「女子会なので、甘すぎずシンプルすぎないコーデを意識しました。ニットとショーパンはsnidelで、丈感のバランスにこだわっています。アクセントのバッグはローリーズファームでひと目惚れ♡ 白のニットにバッグのビビッドカラーが映えるよ! 足元はパンプスではなく、オリエンタルトラフィックのショートブーツを合わせて、脚を出してもちゃんと女子ウケするようなカジュアルさを出しました」

ハイネックを邪魔しないようおだんごですっきりまとめて、ブーツと同じ黒のベレー帽をかぶれば全体に統一感が◎。
審査員の声
「このくらい脚を出しても、女子会なら全然OKだと思う! 靴とバッグにこだわりが見えるところも、上級者テク」…松尾正美さん(スタイリスト)

「潔くて大人っぽい。ベレー帽に合わせたヘアアレンジや、後れ毛の出し方、ピアスの見え方まで計算されている」…立石和代さん(スタイリスト)

「全身白コーデのキャンバスに、小物やメイクで鮮やかな絵を描いているような美しさを感じる! 全方位完璧」…道端舞子さん(ライター)

ノンノ2018年2月号掲載