1. トップ
  2. グルメ
  3. 新年に!人気高まる仏伝統菓子「ガレット・デ・ロワ」

新年に!人気高まる仏伝統菓子「ガレット・デ・ロワ」

  • 2017.12.21
  • 516 views
undefined

出典:https://news.walkerplus.com/article/131984/

2018年1月1日(月)から14日(日)までの期間、ハイアット リージェンシー 東京の「ペストリーショップ」では、日本でも年々人気が高まっている、フランスで新年に欠かせない伝統菓子「ガレット・デ・ロワ」(ベーシック2376円)を販売する。

同店の「ガレット・デ・ロワ」は、スペイン産バレンシア種のアーモンドを軽くローストし、パウダーにしたものを中の生地に使用。ローストしたことで、より一層豊かなアーモンドの香りを演出する。

香りづけにはカリブ海の最高級ラム酒、ディロンの「トレヴュー ラム」をたっぷりと使用。そしてパイ生地は、よりバターが多層に重なる “逆さ折り込み”という技術を使い、味わい深さと食感を表現した。シンプルだからこそ、パティシエの技術や個性が際立つ逸品だ。

ハイアット リージェンシー 東京の広報担当者は、「当ホテルの『ガレット・デ・ロワ』は“逆さ折り込み”という技法を使っているので、芳醇なバターの香りが口いっぱいに広がります!」とアピールする。

また、今シーズンは新たに、リンゴの形のサブレを添えた「アップル」(2592円)が登場。こちらは、コンポート状にしたリンゴに少量のアーモンドクリームを加えた生地をパイで包み、仕上げにカソナードを振ったお菓子。同広報は、「新登場の『アップル』は、ザクザクとした食感がたまりません!」と、その特徴を教えてくれた。

切り分けたときに フェーヴ(人形)が入っていた人は、「その1年の幸福が約束される」といわれている「ガレット・デ・ロワ」。同店の商品には、フェーヴの代わりにアーモンドを忍ばせており、別添えにてお菓子形&王冠形のフェーブを用意。随所にこだわりを感じさせる商品に仕上げている。【ウォーカープラス編集部/Raira】(東京ウォーカー(全国版)・Raira)