1. トップ
  2. レシピ
  3. 飲み会が続いてもOK!太りにくい食べ方&翌日に気をつけること

飲み会が続いてもOK!太りにくい食べ方&翌日に気をつけること

  • 2017.12.14
  • 1784 views

クリスマスや忘年会、新年会と飲み会やパーティーなどのイベントが続く年末年始。
楽しい飲みの場になると、ついつい食べ過ぎ・飲み過ぎになってしまうことも……。
そんな時に覚えておきたい、飲み会が続いても太りにくい食べ方&飲み会翌日に気をつけるべきことをエステティシャンの筆者がご紹介します。

連日飲み会が続いても太りにくい食べ方

飲み会やパーティーなどの外食といえばオードブルに居酒屋料理、お鍋など美味しいものばかりですよね。
仕事終わりでお腹が空いている時に、高カロリーなものから口にしてしまうと、どんどん体内に吸収してしまいます。

気をつけるべきことは「食べる順番」です。
(1)まずは温かい飲み物で内蔵を温める

最初に温かいお茶やお湯、スープなどを飲み、内臓を冷やさないようにしましょう。
(2)野菜を意識して摂って

揚げ物系のおつまみばかり食べず、野菜をしっかり食べましょう。
食物繊維を摂ることで満腹力を高めてくれることはもちろん、最初に食べたものの消化によって翌日のお通じにも効果的。
(3)レモンや大根おろしはたっぷりつけて食べるべし

お肉やお魚などのメインディッシュ。揚げ物などにレモンや大根おろしが付いている場合はたっぷりつけておきましょう。レモンや大根おろしなどは油の分解の手助けをしてくれ、ネギや大葉などの薬味にも解毒効果があるとされているので、一緒に取り入れると効果的。
(4)シメの炭水化物は少量に抑えて

お米や麺類、パン類は少量にしておきましょう。野菜やサラダ、お魚やお肉などでお腹がいっぱいになる頃にシメで炭水化物を取りがちに。ここは極力少量に抑え、腹8分目を意識しましょう。たくさん摂りすぎると、帰宅した後も食べ過ぎて苦しい‥そのまま就寝、翌日に消化不良という悪循環になってしまいます。

食べ過ぎた翌日に気をつけること

(1)起床後すぐにお水を飲もう

寝起きにコップ1杯のお水を飲みましょう。1日に1.5ℓ〜2ℓ(コップ1杯を数回に分けて)を摂るようにし、トイレも7〜8回は行くようにすること。
(2)朝食は野菜をしっかりとって

朝食にヨーグルトや野菜ジュースやフルーツを取り入れ、腸を動かす意識をしましょう。
通勤途中なども腹筋をキュッと締め、背筋をピン伸ばすこと。
(3)昼食は消化の良いものからとる

昼食はサラダやスープ、おにぎりなどがおすすめ。
食べる順番はスープ→サラダ→おにぎりと消化の良いものから取り入れるようにしましょう。
(4)夕飯はヘルシー&高たんぱくを心がけて

夕食はお野菜たっぷりのスープ、蒸し鶏などのヘルシーで高タンパクなメニューにしましょう。
食べ過ぎた翌日は午前中の間に水分を取り、腸内を動かし、午前中から日中にかけて前日食べたものを排出する習慣をつけておくことがポイントです。

夕方以降は副交感神経が優位になるため、日中よりも消化のスピードが落ちてしまいます。
なのに夜の食事量だけが多くなるとむくみが次の日まで残ったり、太りやすい原因となりますので、飲み会や食事会などは断れない……
そんな時は食べる順番と食べる量をまずは意識してみましょう。
ライタープロフィール
エステサロン プライベートサロン Laule’a 代表・寒川あゆみ
某エステティックサロンにて勤務を経て、現在、大阪 谷町九丁目 private salon Laule’aを運営。フェイシャル