1. トップ
  2. 恋愛
  3. オンナの友情はもろい!? 友達を失くす「女子旅」のNG行為4つ

オンナの友情はもろい!? 友達を失くす「女子旅」のNG行為4つ

  • 2015.1.14
  • 677 views

学生はそろそろ春休みや卒業旅行の季節。社会人も、安くなるこの時期を狙って旅行に……という人もいるかもしれませんね。

「ゆっくり温泉に入って疲れた体をリセットしたい」

「海外でショッピングを楽しみたい」

「大好きなアイドルのライブに行きたい」

そんなとき、笑顔で「いいね!」と付き合ってくれるのが“女友達”。

でも、長時間一緒にいることで、いままでは感じなかったストレスから友情に亀裂が入ることも……。

そこで今回は『gooランキング』の「女性が女友達との旅行で『イラッ』とすることランキング」を参考に、女子旅で気をつけたいことをピックアップしてみましたよ。

■「もう次の旅行はないかも……」女がイラっとするポイント4つ

(1)遅刻をしてくる

いつも遅刻魔だけど、旅行のときにまで、出発時間ギリギリに「ごめんね~」と申し訳なさそうな顔をして現れる友人。

通常の遊びの約束ならまだしも、公共交通機関をたくさん使う旅行では、1つの乗り遅れが、様々なところに影響が出るもの。待っているほうは、キリキリとした不安と苛立ちをいつも以上に感じてしまいます。

交通機関の乱れがあったとしても時間内につけるよう、ある程度余裕を持って出発して。どうしても遅れそうな時は、到着時刻をあらかじめメールやLINEで知らせるなど、いつも以上の報告が必要。もちろん着いたらすぐに謝るのが大人のマナーですよ。

(2)旅行中なのに携帯ゲームばかり……。

女子旅といえば、恋バナや上司の愚痴など、移動中のトークも楽しみですよね。

それなのに、ついついいつもと同じように、スマホゲームやSNSを気にして、話しかけても反応が薄いとガッカリ。「一緒に来た意味あるの?」と思われてしまうことも。

旅行の時は旅行を楽しむ、という割り切りも大事。また、会話が途切れたときは対戦型ゲームで一緒に盛り上がれば、お互いに気持ちよく過ごすことができそうですよ。

(3)予定通りにいかないとイライラ

行きたいお店や乗換情報など、事前にしっかり調べていても思い通りに進まないことが多いもの。そんなとき「もう間に合わないじゃん」「はぁ……」と苛立ちをそのまま表していませんか?

慣れない土地での旅行には、トラブルはつきもの。目の前で起こったことに振り回されずに、もっとゆっくり過ごす余裕を持った方がいいかもしれませんね。

(4)すべて他人任せ! ただ付いてくるだけ……。

「次はどこ行くの?」「こっちでいいの?」など、まるで子どものように何でも友人任せにしていたら絶対ダメ。友人から「私は親やガイドじゃないのよ!」とキツイ一言が飛んでくるのも時間の問題ですよ。

旅行の計画を立てるのはもちろん、地図や時刻表をチェックしたり、お店の情報を集めたり。できる限りのことは、自分から率先して行うようにしましょう。

いかがでしたか? せっかくの楽しい時間を台無しにしないためにも、最低限のマナーは守るようにしてくださいね。