1. トップ
  2. 恋愛
  3. 付き合う〜同棲〜結婚。その流れ、必至と思うなかれ(前編) by アルパカ子

付き合う〜同棲〜結婚。その流れ、必至と思うなかれ(前編) by アルパカ子

  • 2017.12.5
  • 5689 views

10.結婚、お断り。

付き合って同棲したら…あとは結婚というゴールが待っている!
……そう思っていた時期が私にもありました。
そうじゃないんだ!? と知ったのは同棲未経験だった、婚活する数年前のこと。
知り合いの男性が、数年付き合った彼女にロマンチックに箱パカプロポーズを決め、盛大に振られたのです…「年収」が理由で。

彼はその後同棲を解消し、指輪も毎日一緒に寝ていたダブルベッドも処分したそうです。
非っ常ーに辛い作業だったと言っていました…。聞いてるほうも辛かった…。
しかし、数年一緒に同棲してるし、生活レベルから年収なんてとうの昔に分かってるよね!? 結婚する気もないのに何で何年も同棲してたの!!!? と、その時は彼女のことが正直不思議でなりませんでした。

そんなこともあり、私自身が婚活を始め、今の夫と付き合うことになった時考えていたのが「付き合う期間を最初から決めよう」ということ。
一定期間付き合うと成婚退会しなくてはいけない結婚相談所とは違い、サイトやアプリではどれくらい付き合うかは本人達次第なんですよね。
だからこそしっかり決めておかないと、何年もずるずる付き合った挙句振られてしまう可能性があるなと思っていました。
数年同棲しても結婚する気のなかった同僚の元彼女のように、婚活で出会ったとはいえ付き合っても結婚する気のない男性も多いと婚活本で読んでいたので…。

夫も同じ考えだったようで、どのくらい付き合ってから結婚したいかを二人にで話しあったところ「1年付き合ってこの人で大丈夫!と納得できてから結婚したいよね」、という認識に至りました。
その後、旅行で上京した私の両親に成り行きから結婚前提の挨拶をしたり、結婚したらどこに住みたいかとか、子供ができたら・できなかったらの話をしたり…最初に期間を決めていたことで、付き合っている間も結婚の話題をよくするようになっていました。
だからなのか、「あ、もうすぐ付き合って1年じゃん!?そろそろ動かなきゃ!」と、プロポーズなしでサクサク結婚に至りました。

プロポーズは男側からして欲しい!という意見も分かるのですが、時間を無駄にするリスクを考えたら女側から積極的に動いて正解だったと思います。
どうしてもプロポーズされることが諦められないなら、結婚に向けて動き始めてから改めてプロポーズしてもらうという手もありますしね!

前回の記事:これってエスコート!? 知人男性からのボディタッチで鳥肌体験 by アルパカ子

著者:アルパカ子
人形と国内外のアニメ・漫画が好きなオタクです。31歳の時に婚活を始め、成婚。 現在は2人でオタク活動と結婚生活を満喫中。 単行本「オタクだけの婚活サイトで運命の人を見つけました」発売中。
ブログ:http://ameblo.jp/al-pacako-manga
ツイッター:https://twitter.com/al_pacako

この作者の過去記事

アルパカ子さんの
過去記事はこちら