アニメ版ゴジラに“まつげ”がある理由とは?虚淵玄も苦労を吐露

undefined

出典:https://news.walkerplus.com/article/129071/

アニメーション映画『GODZILLA -怪獣惑星-』(公開中)のクリエイターズナイトが11月25日に新宿バルト9で開催され、静野孔文監督、瀬下寛之監督、虚淵玄(ストーリー原案・脚本)、演出の吉平“Tady”直弘、片塰満則(造形監督)、森山佑樹(CGキャラクター・デザイン)が登壇。ゴジラ映画史上初のアニメーション映画をつくり上げたクリエイター陣が制作秘話を明かした。

人類なき後に2万年もの間、地球を支配してきたゴジラと、彼らと対峙する人類との戦いを描く本作。『魔法少女まどか☆マギカ』の虚淵玄がストーリー原案と脚本を担当した。

瀬下監督は「すごくいい評判が多い。もちろん、それと同じぐらいお叱りも多い。『こんなのゴジラじゃない』とおっしゃる方も当然いらっしゃる」と率直な周囲の反応を吐露。「挑戦できましたよね?」と聞くと、虚淵は「ゴジラをやること自体が挑戦でしたからね」と日本文化を象徴するアイコン、ゴジラをアニメ化する苦労を明かしていた。

アニメーションとして新たなゴジラを描く上で、造形監督の片塰は「瀬下監督から『ただ凶暴な爬虫類にしてほしくない』と強く言われた」と、瀬下監督からは「神のような、威厳のあるゴジラ」というイメージが提案されたそう。片塰は「威厳というと、個人的にはギリシャの哲学者のようなイメージがある。白髪、長髪で、髪が風に吹かれてオールバックになっておでこが見えてるみたいな。そのあたりを、ゴジラのトゲの生え方に反映させていった」と明かしていた。

また片塰は「目をとにかく優しくしようと思った」とも。「憤りのある目ではなく、落ち着いた目にしようと。まつげをつけたりとかしています」と“優しさ”からイメージを膨らませたことで今回のゴジラにはまつげをつけているといい、「瀬下監督からは“猫の目”と言われました」とこだわりを話していた。

さらにこの日は、静野監督、瀬下監督、虚淵が“ゴジラ作文”を披露する一幕も。虚淵は「ゴゼン8時は、ジゴクのような、ラッシュアワー」とフリップにしたため、「基本的には在宅作業なんですが、アニメのお仕事をするとたまに朝8時とかに収録がある。そうするとラッシュアワーを味わうはめになる」とこぼしていた。(Movie Walker・取材・文/成田 おり枝)

元記事を読む
提供元: Movie Walkerの記事一覧はこちら
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
01
女性必見の最新トレンドニュースを
毎日お届け!
あなたらしさを応援する、
オトナの女性におくる情報アプリ
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。
02
あとで見たい時も大丈夫!
お気に入り機能で賢く整理