1. トップ
  2. レシピ
  3. 京都にきたら一度は行きたい!純和風の庭園で湯豆腐が食べられる名店3選

京都にきたら一度は行きたい!純和風の庭園で湯豆腐が食べられる名店3選

  • 2017.11.25
  • 3075 views
undefined

出典:https://news.walkerplus.com/article/128553/

特別拝観に紅葉にと、美しい景観に見とれていると、冷たい秋風にぶるぶる。徐々に寒くなる古都で温まりたくなった時は、名物の湯豆腐が正解。趣ある庭を眺めつつ、ほっこりと一休みを。<※情報は関西ウォーカー(2017年11月7日発売号)より>

■ 秋の東山を借景にした池泉山水式庭園にうっとり

料亭ではなく料庭。南禅寺そばの料理旅館「八千代」が手がける庭園レストラン「料庭 八千代」では、店名どおり作庭家・小川治兵衛による名庭を眺めながら、湯豆腐や会席料理が味わえる。周辺の精進料理が発祥とされる白い南禅寺名物を、極上の空間でぜひ。

「湯豆腐御膳 竹」(3300円 ※写真は湯豆腐のみ2人前)。滋賀産の大粒大豆・福豊と京都の湧き水で作る豆腐は、なめらかな口当たり。御膳の竹には季節の八寸や胡麻豆腐など7品に、湯葉料理が1品付く。

「シンプルな湯豆腐はダシも大切。北海道の利尻昆布と鹿児島枕崎の本カツオ節で濃いめに引き、豆腐のおいしさを引き立てています」と、総料理長の本道敏行さん。

東山を借景にした約100坪の池泉山水式庭園は感動的な美しさ。16席ある庭に面した床席が特等席で、11月下旬から12月上旬には紅葉も。

日没後には庭園をライトアップ。

料庭は旅館に併設。70年以上、南禅寺畔で参拝&観光客をもてなしている。

【周辺の紅葉スポット】名勝 無鄰菴まで徒歩1分、南禅寺まで徒歩2分、総本山永観堂 禅林寺まで徒歩10分、平安神宮まで徒歩11分、知恩院まで徒歩12分

■料庭 八千代<住所:京都市左京区南禅寺福地町34 電話: 075-771-4148 時間:11:00~16:00(LO15:00)、17:00~21:30(LO19:30) 休み:なし 座席:80席 タバコ:禁煙 駐車場:4台(無料) 交通:地下鉄蹴上駅より徒歩5分 料金:昼・夜予算3500円 カード利用:可 席料:なし(個室のみ会席料理15%、湯豆腐・弁当10%)>

■ 約1000坪の広大な庭に囲まれた元旅館を生かした純和風の贅沢空間

元旅館の和空間と、広大な庭が魅力の湯豆腐専門店「湯豆腐 嵯峨野」。料理が3800円の湯豆腐のみなのは、確かな自信の表れ。11月下旬に見ごろを迎える庭の紅葉を眺めつつ、柔らかな弾力を持つ嵯峨豆腐を味わえば、湯豆腐一本の信念に納得できるはず。

「湯豆腐」(3800円)。精進揚げやひろうすの炊いたんなど、全10品が味わえるゴージャスなコース。日高の根昆布を使った力強いダシも美味。

「にがりの代わりにすまし粉を使って手作りしている『森嘉』の嵯峨豆腐を使用。口当たりは抜群になめらかで、柔らかいのにコシが強いのが特徴です」と、店長の多田剛久さん。

テーブル席の新館と本館があり、美しい庭を堪能するなら本館へ。

松の大木や竹林、カエデが彩る優雅な庭は、約1000坪の広大さ。紅葉の見ごろは11月下旬から12月上旬。

南禅寺と並ぶ湯豆腐の名所、嵐山に立つ。天龍寺や宝厳寺もすぐで、ロケーションも抜群だ。

【周辺の紅葉スポット】天龍寺塔頭宝厳院まで徒歩2分、天龍寺まで徒歩5分、渡月橋まで徒歩5分、野宮神社まで徒歩10分、常寂光寺まで徒歩15分

■湯豆腐 嵯峨野<住所:京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町45 電話:075-871-6946 時間:11:00~19:00(なくなり次第終了) 休み:7月の第4水曜・木曜 座席:250席 タバコ:禁煙 駐車場:25台(無料) 交通:嵐電嵐山駅より徒歩5分 料金:昼・夜予算3800円 カード利用:可 席料:なし>

■ つるんと喉越しのいい豆腐を季節の七草が色鮮やかに彩る

石庭(方丈庭園)で知られる世界遺産・龍安寺の境内にひっそりと立つ「龍安寺 西源院」。修行僧が好んで食べた湯豆腐に、旬の野菜で彩りを加えた「七草湯どうふ」が名物。非日常的な静けさや美しい庭、精進料理とのセットもある湯豆腐にほっこり癒されて。

「精進料理 七草湯どうふ付」(3300円 ※写真は湯どうふのみ2人前)。7種の和え物や胡麻豆腐といった精進料理と七草湯どうふのセット。つるんと喉越しのいい豆腐を季節の七草が色鮮やかに彩る。湯豆腐単品は1500円。

「喉越しのいい豆腐は木綿と絹ごしの中間で、特別にあつらえたもの。白菜やシイタケ、水菜など七草をちりばめた体に優しい湯豆腐で温まってください」と、店主の長谷川佑子さん。

座敷から手入れの行き届いた庭が一望できる。縁側に出れば、龍安寺の美しい鏡容池も見える。

ししおどしの音が響き、池には優雅に泳ぐコイの姿も。11月下旬に見ごろを迎える紅葉時はより見ものに。

入口の門から、庭を抜けるアプローチも贅沢。2つの庭があり、座敷からはどちらも眺められる。

【周辺の紅葉スポット】龍安寺まですぐ、仁和寺まで徒歩10分、等持院まで徒歩10分、大法院まで徒歩15分

■龍安寺 西源院<住所:京都市右京区龍安寺御陵ノ下町13 電話:075-462-4742 時間:10:00~17:00(LO16:30) 休み:なし 座席:100席 禁煙 駐車場:約100台(食事利用で120分無料) 交通:嵐電龍安寺駅より徒歩7分 料金:昼・夜予算1500円から カード利用:不可 席料:なし>【関西ウォーカー編集部】(関西ウォーカー・編集部)