1. トップ
  2. グルメ
  3. 高級食材をカジュアルに。地元で愛されるフレンチビストロ

高級食材をカジュアルに。地元で愛されるフレンチビストロ

  • 2017.11.22
  • 884 views

カジュアルな雰囲気の中で絶品フレンチをいただく

「chez le mak(シェ ル マク)」は、東京・曙橋にあるビストロフレンチです。さわやかな白が印象的な外観。トリコロールの国旗と看板が目印です。

足を踏み入れると、堅苦しい雰囲気が一切ない、カジュアルな空間が広がります。店内にはテーブル席とカウンター席を用意。天気の良い日にはテラス席も利用できます。

フランスのビストロをイメージしたお店

店名の「chez le mak」は、フランスにあるビストロやレストランの店名によく使われる「chez」、オーナーの名前を連想させる「mak」、ちょっと背伸びした印象の「le」を組み合わせたものとなっています。

オーナーは、フレンチの本場フランスで修行した経歴の持ち主。本場のエッセンスを取り入れた本格フレンチをリーズナブルな価格でいただけるとあって、連日多くのお客さんでにぎわっています。

フォアグラを贅沢に使用した一品

「フォアグラのタルティーヌ」は、フレンチの王道食材であるフォアグラを贅沢に使用した一品。厳選したランド産フォアグラをソテーし、香ばしく仕上げました。

口にした瞬間、まったりと濃厚な特有の旨味がひろがります。もちろん、ワインとの相性も抜群です。

洗練された料理がリーズナブルな価格なのもうれしいポイント。お店を訪れたら一度は食べておきたい一品です。

トリュフの豊かな風味を楽しめるリゾット

シメにピッタリなのが「サマートリュフのリゾット」。高級食材の代名詞でもあるトリュフを贅沢にトッピング。

リゾットの湯気に乗ったトリュフのかぐわしい香りが、鼻孔をくすぐります。口に運ぶとトリュフの豊かな風味がひろがり、贅沢な気分に浸れるでしょう。丁寧に炊かれたリゾットは芯の残り具合が絶妙で、手が止まりません。

フレンチには欠かせないワインの種類も豊富

絶品フレンチとともに楽しみたいのがワイン。もちろん種類も充実しています。インリストされていないワインもあるので、気になる方は気軽にスタッフに尋ねてみてください。

料理に合ったワインの選び方が分からないという方も、スタッフに尋ねてみましょう。料理とのマリアージュが楽しめる1本を選んでくれます。また、席には限りがあるため、必ず入店したいという方は早めに予約しましょう。

「chez le mak」は、都営地下鉄新宿線「曙橋駅」4番出口から徒歩3分、白い建物の2階です。気の置けない仲間と和やかにフレンチを楽しみたいとき、お店を訪れてみてはいかがですか。

スポット情報

・スポット名:chez le mak
・住所:東京都新宿区荒木町15 サンシャトー四谷 2F
・電話番号:03-5315-4450