1. トップ
  2. スキンケア
  3. コスパ良すぎ!? 全身に使える万能クリーム「ヴァセリン」2週間体験レポ

コスパ良すぎ!? 全身に使える万能クリーム「ヴァセリン」2週間体験レポ

  • 2017.11.19
  • 19657 views

プチプラの「ニベア」は、成分が高級クリーム「ドゥ・ラメール」とほとんど同じ、ということで話題になりましたよね。最近は「ヴァセリン」が気になる…という女性も多いようです。

そこでまたもや筆者が、今度は「ヴァセリン」を実際に2週間使ってみました!

■どんな成分が入っているの?
「ヴァセリン」はメーカーの商標登録で、基本は「ワセリン」と呼ばれているものと同じです。ワセリンは皮膚表面にパラフィンの膜を張り、角質層の水分の蒸発を防ぐことで乾燥を防いで、皮膚を保護する働きがあるそう。要するに肌の乾燥対策に効果を期待できるクリームなんですね。

■ヴァセリンってどうやって使うの?
試したのは、全身に使用可能の『ヴァセリン オリジナルピュアスキンジェリー』。本来は、乾燥している部分にピンポイントで使用するといいようです。

筆者の普段のスキンケアは化粧水(ノンアルコール)+各種オイルというシンプルケアなのですが、今回は、アベンヌ(化粧水)+ヴァセリンを使ってみました。肌質は普通であまり乾燥しません。

■ヴァセリンは少量で乾燥対策OK!
まず、顔や手に化粧水など水分が残っていると、ヴァセリンは弾いてしまって肌になじみません。顔はティッシュで押さえてからの使用がいいみたいです。

小豆粒くらいを手のひらでよく伸ばして、肌をプッシュするようになじませるのが◎。使いすぎはNG。肌がベタベタになるので注意してくださいね。少量で充分潤います。

使ってみての感想は肌にハリが出る!元気が出る!ということ。あと、使用中に風邪をひいてしまい、鼻の周りがガビガビ、口元もガザガサになってしまったのですが、ヴァセリンを重ね塗りしたらとてもいい感じに!

これは乾燥しやすい冬場、そして花粉症の季節にかなり役立ちそう!と思いました。粘り気のあるテクスチャーなので、ピンポイントでしっかり塗ることができます。

■メイク下地には微妙…
油分が多いためメイク前に使用するのは微妙です。でも、休日に肌を休めるのにはおすすめ。休日の肌断捨離にはいいのでは?

■全身に使えるコスパのよさ
身体中に使えるので、コストパフォーマンスはいいですね。

個人的に特におすすめなのが、おへそのお手入れ。綿棒にちょっとつけておへその掃除をするとGood。粘り気があるので使いやすいんです。

やりすぎはよくないので週1~2回がいいかなと。おへそのお手入れをしている人って意外と少ないけど、実は匂っている人もいるんですって。ぜひスキンケアのついでにやってみて!

また、ひじ、ひざにももちろんおすすめ。冬に粉が吹いたようになる人は試してみましょう。

■リップクリームはリップパックに!
粘り気のある重い質感のリップが苦手なので、ヴァセリンのリップクリームは敬遠してきましたが、今回使ってみて、なぜもっと早く使わなかったんだ!と後悔しました。それくらいプルプルになります。

そして、唇にたっぷりつけて、その上にラップをして1分間リップパックをしてみたら、唇の縦ジワもふっくら。どんなリップクリームをつけても荒れるという人は、ぜひ使ってみてください。

■終わりに
ヴァセリンはプチプラなのに万能感があるクリーム。この冬の乾燥対策にひとつに、いかがでしょうか? 特に乾燥がひどい、と悩んでいる人には本当におすすめです。

顔や指先はもちろんですが、ひじやひざ、かかと、おへそまで全部キレイにしていたら、好きな人もきっと喜んでくれるはず!

ライタープロフィール
天野りり子

ライター/編集者

大学在学中からライター&編集稼業をスタート。女性誌ではビューティ&ヘルス企画、男性誌では恋愛記事を多数執筆、書籍編集も手がける。

趣味は読書とタロット占い、そして恋バナを収集すること。

※画像出典/shutterstock