1. トップ
  2. レシピ
  3. 【福岡】無化調の鶏白湯スープが幅広全粒粉麺との絡みよし!「CHICKEN MEN 鶏麺」のつけ麺

【福岡】無化調の鶏白湯スープが幅広全粒粉麺との絡みよし!「CHICKEN MEN 鶏麺」のつけ麺

  • 2017.10.29
  • 543 views
undefined

出典:https://news.walkerplus.com/article/125965/

屋号の通り“鶏”に特化した濃厚鶏白湯ラーメン&つけ麺の店「CHICKEN MEN 鶏麺」(福岡市中央区)。国内産鶏や香味野菜を圧力釜で一気に炊き上げ、化学調味料に頼らず本醸造醤油や節系素材で味付けした一杯が人気だ。

「博多一幸舎」系列の製麺所「製麺屋 慶史」と開発した小麦のふすま入りの全粒粉麺は幅広の平麺で、重厚感のある鶏白湯スープによりねっとりと絡みつく。スープと別取りする「ネギ鶏油(チーユ)」を隠し味に加えることで、豊潤な風味とコクをプラス。脂身の少ない豚肩ロース肉を低温でじっくり調理した、大ぶりレアチャーシューの旨さにも定評がある。レアチャーシューを煮卵とともにワンプレートに盛る「おつまみセット」(600円)も、ちょい飲み客に人気。鶏白湯ラーメンとつけ麺のほか、甘辛い台湾ミンチや卵黄、ラーメンダレを麺とからめて食べる台湾まぜそば(追い飯付き800円)も用意する。

「関東、関西で食べ歩きを重ね研究しました。最先端の鶏白湯ラーメンとつけ麺を味わってください」と店長の中山公一さん。スープ割りや白飯投入といったさまざまな楽しみ方のあるつけ麺。あなたも一度食べてみてはいかがだろうか。

【おすすめの一杯!】濃厚鶏魚介つけ麺(〆ご飯付き870円)。小麦の粒感を残した風味豊かな麺が、特濃鶏白湯スープに絡む。レアチャーシューはみずみずしく、程よい歯応え。梅肉がのる白飯は残ったつけ汁に入れて食べる。

【ラーメンデータ】<麺> 太 / 平打 / ストレート(200g) <スープ> タレ / 醤油 : 仕上げ油 / ネギ鶏油 : 種類 / 鶏ガラ、魚介(節系) 、ベジ

[ CHICKEN MEN 鶏麺 ] 福岡県福岡市中央区渡辺通2-3-8 / 092-791-3636 / 11:30~24:00(LO) / 不定休 / 16席(カウンター8、テーブル8) / 西鉄、地下鉄薬院駅より徒歩4分

【九州ウォーカー編集部】