1. トップ
  2. ネイル
  3. ジェルネイルの一種・ハードジェルとは?

ジェルネイルの一種・ハードジェルとは?

  • 2015.1.9
  • 536 views

ジェルネイルは「ハードジェル」と、「ソフトジェル」の2種類に大きく分けることができます。同じジェルでもテクスチャーや強度、塗り方などに違いがあります。この2つのそれぞれの特徴を理解しておけば、状況や好みなどに応じて上手く使い分けることができます。

強度と透明度が高いハードジェル

【イットネイル】ジェルネイルは「ハードジェル」と、「ソフトジェル」の2種類に大きく分けることができます。

同じジェルでもテクスチャーや強度、塗り方などに違いがあります。

この2つのそれぞれの特徴を理解しておけば、状況や好みなどに応じて上手く使い分けることができます。

ハードジェルとはジェルネイルが登場した当初からあるタイプのジェルで、その名のとおり硬度が高めです。

ソフトジェルと比べて抜群の強度と、透明度・光沢(ツヤ)などで人気です。

その強度の高さから爪を長くしたいなど、スカルプチュアにも向いています。

密着性も高く、リフトなどが起こるケースも少なめです。

また途中で黄ばみにくく、空気や水を通しにくいという性質も持ちます。

ハードジェルはこんなときにおすすめ

・地爪よりも長い爪にしたいとき

・大きさや重さのあるアート・コーディングをしたいとき

・ジェルネイルのリフトが気になるとき

ちなみに、ネイルサロンではソフトジェルと、ハードジェルを組み合わせて使うこともあります。

ソフトジェルにないカラーを使うとき、長さを出したいときなどは一部にハードジェルを使うなど、2種類のジェルを組み合わせて使うこともできるためです。

またソフトジェルの仕上げに、ハードジェルでコーディングして強化するという方法もあります。

ネイルサロンで落としてもらう場合はどちらでもいいのですが、自分でオフする予定など心配なときは、どのタイプのジェルを使うか聞いてみましょう。

ハードジェルのデメリット

・リムーバーでは簡単に溶けない

・ファイルで削るなどオフに手間がかかる

・落ちにくいので地爪を傷つけることがある

・柔軟性が少ない

・落としにくいので初心者には向かない

最大のデメリットはとにかく「落としにくいこと」。

素人が無理に落とそうとすると、爪を強く傷つけることもあります。

やり方が良くわからない人は、ネイルサロンで落としてもらったほうがいいかもしれません。

Itnail編集部