1. トップ
  2. スキンケア
  3. 化粧水やクリームじゃない!「ドライ肌女子」が勘違いしているケア4つ

化粧水やクリームじゃない!「ドライ肌女子」が勘違いしているケア4つ

  • 2015.1.8
  • 601 views

肌を刺すような冷た~い風が吹く日々。肌の“乾燥”がますます気になりませんか。“しっかり保湿をしているつもりなのに”あまりケアの効果を感じられなかったり、粉吹き肌で悩んでいる場合は、実は保湿以外に原因がある可能性大!

自分ではなかなか気づきませんが、“ドライ肌の女性がしてしまっている”NGケアを4つご紹介します。

NG1:毛穴汚れやメイクを落とそうと「力を入れて」ゴシゴシ

ぷるんとした肌は、角質層が水分を適量保持できている状態ですが、角質層は“摩擦”で容易に傷んでしまいます。摩擦を加え続けていると、角質層がはがれてしまうことも。

洗顔やクレンジング中の湿った肌は角質層がふやけているため、普段よりもダメージを受けやすくなるのです。クレンジングは、肌への負担がもっとも大きいということを意識しておきましょう。

NG2:所持クレンジング料は1つのみ!

メイクの濃さに合わせて、クレンジング剤をチョイスしていますか? 軽いメイクの時も、強い洗浄力のあるクレンジング剤を使っていたり、不必要にダブル洗顔をしていると『細胞間脂質(セラミドなど)』も洗い流してしまうことになります。

アイメイクをした部分には専用のリムーバーで先に落としておくのも大切です。パーツごとに分けてどのクレンジング法が良いか見直してみましょう。

メイクがきちんと落ちているか心配な場合には、ふき取り化粧水を含ませたコットンで、やさしく肌をふき取ってみます。それで汚れがついていなければ、それ以上洗浄剤を使う必要はありません。

NG3:シャワーの温度は一定

また、洗い流すお湯の温度にも気を配ります。シャワーを浴びる時の設定と同じままではありませんか? これでは温度が高すぎて皮脂が流れてしまい、バリア機能も弱まって乾燥や肌荒れを招くので、流す温度は30℃くらいを目安にするとよいです。

NG4:量とテクスチャーのミスマッチ

クレンジングで気をつけたいのは、伸びの悪いテクスチャーのものをさわることと、量をケチらないこと。低温の冬は特に、肌なじみが悪かったり肌自体がこわばっていることもあるので、伸びのよいものを適量使うことが肌負担を軽減させるポイントです。オススメは、“泡”で出てくるタイプのもの。

泡がメイク汚れを包んでくれるので、無理な力を入れなくて済みますから“摩擦”を避けられますよ。

クレンジングは、メイク汚れをしっかり落としつつも“必要な潤いは流さない”“こすらない”“長時間かけない”が美肌のための三箇条。ドライ肌や肌荒れ、テカりなど肌トラブルが絶えない人は、保湿ステップの見直しの前にクレンジングを見直せば事態はグンと変わるかも。

(コスメコンシェルジュ:ささきひろこ)