1. トップ
  2. 旅行・おでかけ
  3. 写真家ソール・ライターを知っていますか?

写真家ソール・ライターを知っていますか?

  • 2017.10.18
  • 229 views

©François Halard

フランス人フォトグラファー、フランソワ・アラールは、世界的に活躍する建築写真家。サイ・トォンブリーやルイジ・ギッリ、ルイーズ・ブルジョワ、リチャード・アヴェンドンらのアトリエを訪れ、故人となったアーティストたちが作品を生み出してきた空間を独自の視点から切り取った写真からは、彼らの息づかいが聞こえ、在りし日の光景が浮かびあがってくるようです。今回、新作となる写真集『Saul Leiter』の出版を記念して、東京・恵比寿のPOSTにて特別展覧会『Saul Leiter by Francois Halard』が10月29日(日)まで開催中です。

今回、アラールが被写体として選んだのは、アメリカ人画家で写真家のソール・ライターのアトリエ。あえて名声から距離を置いて生きたライターの足跡はドキュメンタリー映画『写真家ソール・ライター 急がない人生で見つけた13のこと』でも描かれ、話題を集めました。2013年に他界した彼のアトリエを2年後の2015年に訪ねたアラールが撮影したのは、朽ちた壁や空っぽのクローゼットと、わずかに残された私物など。ライター本人が現れるような気配に満ちた写真には、静かな緊張感が漂います。同じ写真家だからこそ感じとれたライターの生きた時間が写真の中に収められています。

本展覧会に合わせ、今秋スウェーデンとパリを拠点とする出版社LIBRARYMANより刊行された写真集『Saul Leiter』の販売のほか、日本限定版として制作されたスペシャルエディションのプリント10点を展示販売します。

また、急遽関連イベントとして原宿バカントにてソール・ライターのドキュメンタリー映画『写真家ソール・ライター 急がない人生で見つけた13のこと』の特別上映 + 柴田元幸さんによるトークイベントの開催も決定。

そこにいなくても本人をより強く意識させるアラールの写真からは、建築写真という表現の奥深さと可能性を感じずにはいられません。

ソール・ライターのポートレート

 

『Saul Leiter by Francois Halard』
会期:開催中〜2017年10月29日(日)
POST
営:12時~20時
休:月(祝日の場合は通常営業)
無料
●問い合わせ先 : 03-3713-8670
http://post-books.info

 

元記事を読む