1. トップ
  2. ダイエット
  3. スカーレット・ヨハンソン、人気アニメ『攻殻機動隊』実写映画版の主役に決定!

スカーレット・ヨハンソン、人気アニメ『攻殻機動隊』実写映画版の主役に決定!

  • 2015.1.8
  • 345 views

人気女優スカーレット・ヨハンソンが、日本の人気アニメシリーズ『GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊』実写映画版の主役に決定したと報じられた。

【関連コラム】スカーレット・ヨハンソンが実写版「攻殻機動隊」の主演に決定!(W流)

米E!Onlineによると、実写版でメガホンを取るのは映画『スノーホワイト』のルパート・サンダース監督。スカーレットは、主人公の草薙素子を演じることになる。

『攻殻機動隊』の舞台は、西暦2029年の近未来。公安9課の草薙素子を隊長とする攻殻機動隊のメンバーに、電脳をハッキングして人形のように操る国際手配中の天才ハッカー"人形使い"が入国したとの情報が入る。一方で、義体メーカー「メガテク・ボディ社」の製造ラインが突如稼動し、女性型の義体が一体作りだされた。勝手に動き出した義体は逃走するが、交通事故に遭って公安9課に運び込まれる。義体を調べてみると、補助電脳にはゴーストのようなものが宿っていたのだ。素子は、義体を操るプログラムを作り出す凶悪な人形使いを追い始めるが...。

昨年9月に、第一子となるローズ・ドロシーちゃんを出産したばかりのスカーレット。だが、すでに仕事復帰に向けてワークアウトを始めた彼女は、すっかり元の体型に戻りすぐにでも撮影に挑めそうだ。以前のインタビューで、「筋肉モリモリのフィットネストレーナーと同じワークアウトをしているの。耐久力と安定性、力をつけるトレーニングなんだけど、汗をかくのが好きなの!」と、エクササイズを楽しんでいると語っている。『アベンジャーズ』や『LUCY/ルーシー』といった作品で、多くのアクションシーンをこなしていたスカーレットが、日本アニメの実写版でどんなスタントを見せてくれるのか楽しみだ。(海外ドラマNAVI)

Photo:スカーレット・ヨハンソン
(C)Kazuki Hirata/www.HollywoodNewsWire.net