その番組が見えたら終わり!? 「謎のテレビ番組」をめぐる都市伝説ホラードラマ、Huluで配信開始!

現在、世界の映画界、テレビ界は何度目かのホラー・ブームの最中にある。2010年代のホラー・ブームが興味深いのは、『死霊館』&『アナベル』ユニバースや『インシディアス』といったヒットシリーズが状況を牽引しているだけでなく、海外のメディアで「ポスト・ホラー」とも呼ばれている、これまでとは違う角度からホラー映画的な題材にアプローチした作品が次々に生まれていることだ。例えば、ニコラス・ウィンディング・レフン監督『ネオン・デーモン』はアート映画系ホラー、オリヴィエ・アサイヤス監督『パーソナル・ショッパー』はお洒落フランス映画系ホラー、全米で大ヒットを記録して今月ようやく日本公開されるジョーダン・ピール監督『ゲット・アウト』は社会派ブラック・ムービー系ホラーといったところ。ホラーはもはやジャンルの名前ではなく、不穏な世相を反映した現代的な作品にとって不可欠な要素となりつつある。

そんな中、ホラー・ブームの決定打となったのが、ホラー映画永遠の金字塔『エクソシスト』の記録を破り、アメリカで歴代ホラー映画ナンバーワン記録を更新中の『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』だ。「ホラー小説の王様」スティーヴン・キングの代表作の映画化作品、つまりは王道中の王道のホラー作品が、このポスト・ホラー時代に君臨したことになる。原作では子供時代と大人時代が交互に描かれていたこの大長編だが、実は今回の映画版はかなり大胆な手法で一本の長編にしている。シリーズ化を見据えて企画されたこともあって、今回の作品では主要キャラクターたちの子供時代のみが描かれているのだ(既にパート2の製作も発表)。

テレビシリーズ『Channel ZERO:キャンドル・コーヴ』を見ながら、頭に去来したのは『IT』のことだった。アメリカの田舎町で起こった、子供が次々と惨殺された事件。その30年後、当時子供だった生存者たちが再会して、その謎を究明していく。そのストーリーの基本構造は、『IT』の原作小説とかなり似ている。もっとも、テレビシリーズとして長すぎず短すぎない、6エピソードでじっくり映像化された『Channel ZERO:キャンドル・コーヴ』では、ちゃんと子供時代と大人時代を交差させて、最後にはその真相へとたどり着く。

そんな王道のホラー・ストーリーでありながら、『Channel ZERO:キャンドル・コーヴ』はかなり「ポスト・ホラー」的、具体例を挙げるならA24スタジオが製作した『ウィッチ』や『It Comes At Night』といったホラー作品の最先端をいく作品に近い、抑制されたトーンによるリアリズム描写が印象的な仕上がりとなっている。効果音で驚かせるような安易な手法には走らず、じわじわと真綿で締め付けていくようなその恐怖描写は、ホラーというよりむしろサイコスリラー。本作の脚本にドラマシリーズ『ハンニバル』のニック・アントスカが参加しているのにも納得だ。とはいえ、一度見たら夢に出てきてうなされそうな禍々しいモノもしっかり出てきますが。

日本のホラー・ファンのあいだではまだその認識が浸透しているとは言い難いが、実は現在のホラー・ブームの両輪のうちのもう一つは、テレビシリーズが担ってきた。中でも、『ジ・アメリカンズ』、『レギオン』、『ファーゴ』といったヒット作で名高いFX(FOXネットワークス・グループ)が2011年から手がけている『アメリカン・ホラー・ストーリー』は、シーズンごとにホラーの古典的なテーマを取り上げ、それをゴージャスな映像と現代的解釈によって見事にモダナイズすることで圧倒的な支持を集めてきた。

アメリカではNBCグループのSF&ホラー専門局Syfyで放送・配信されているこの『Channel ZERO』も、『アメリカン・ホラー・ストーリー』と同じようにシーズンごとにまったく別のストーリーが展開していく人気のホラー・シリーズ。ホラー・クラシックがテーマの『アメリカン・ホラー・ストーリー』シリーズに対して、『Channel ZERO』シリーズはアメリカの各地で語り継がれている都市伝説を題材としている。そのシーズン1として2016年に放送・配信された本作『Channel ZERO:キャンドル・コーヴ』はホラー・ファンから高い評価と支持を集め、現時点で早くも2019年のシーズン4まで製作が決定している。

もちろんホラーというジャンルはダメな人はダメなので、これまでならば「ホラー・ファン必見」といって文章を終わらせるところだが、今やホラーがエンターテインメントのメインストリームとして台頭しつつある時代。ホラー・ファン以外の方もこの機会にトライしてみてはいかがだろう。映画館と違って、「ダメ!」となったらテレビ画面をリモコンで消せばいいのだから。ちなみに『Channel ZERO:キャンドル・コーヴ』で被害にあうのは、まさにそのテレビ画面に偶然(?)映ってしまった「謎のテレビ番組」を見た子供たち。つまり、本作はホラー映画の代替品的な作品ではなく、最初からテレビで見られることを前提として趣向が凝らされた作品なのだ。もしかしたら、往年のテレビ版『トワイライト・ゾーン』のように、『Channel ZERO』は新時代ホラーのスタンダードとなり得るシリーズへと成長していくかもしれない。(宇野維正)

提供元: Real Sound映画部の記事一覧はこちら
あなたにおすすめの記事
「脱力タイムズ」常連女優!? 蒼井優、3回目の出演も「何度出ても緊張する番組」
8月17日(金)放送の「全力!脱力タイムズ」(毎週金曜夜11:00-11:40、フジテレビ系)に、山里亮太と蒼井優がゲス...
ザテレビジョン
佐藤二朗の初MC番組「99人の壁」、今秋よりレギュラー化決定!
佐藤二朗がMCを務める新感覚クイズ番組「超逆境クイズバトル!! 99人の壁」(フジテレビ系)が、2018年10月よりゴー...
ザテレビジョン
ジェジュン出演の2番組が上位にランクイン!【視聴熱ウィークリーTOP3】
Webサイト「ザテレビジョン」では、8月6日~12日の「視聴熱(※)」バラエティー ウィークリーランキングを発表した。1...
ザテレビジョン
テレ東特番で背筋凍る“最恐写真”が撮れた! 番組P「これを放送してもよいのか…」
身の毛もよだつ恐怖体験をノンストップで紹介していく特番「最恐映像ノンストップ6」(テレビ東京系)が、8月15日(水)夜7...
ザテレビジョン
CREA Travellerのマルタ取材に NHKの話題の番組が密着!
2018年夏号の本誌は、イタリアのシチリア島より南に位置する、地中海に浮かぶ小島、マルタを取材。その際にNHKがTraveller取材班に同行しました。その番組とは「世界はほしいモノにあふれてる」です。
CREA
バラク・オバマ夫妻がNetflixと契約!映画や番組を製作する事が決定
第44代アメリカ合衆国大統領のバラク・オバマとミシェル・オバマ夫人が、動画ストリーミングサービスのNetflixと複数年に及ぶ契約を結んだ事が、同社の発表で明らかになった。この契約は、オバマ夫妻がNetflixで映画や、テレビ番組の製作総指..
Movie Walker
倉本聰「やすらぎの刻~道」オーディションの応募総数に感嘆の声 『この番組でスターを生み出したい』
2019年4月より、“テレビ朝日開局60周年記念作品”としてスタートする帯ドラマ劇場「やすらぎの刻(とき)~道」の出演者オーディションに、約5000人の応募が寄せられたことが分かった。本作は、2017年4月~9月に放送され大好評を博した「や..
ザテレビジョン
DISH//が視聴者の妄想シチュエーションに応える!7月に特別番組を放送
俳優としても活躍する北村匠海らが所属する、ダンスロックバンド・DISH//の特別番組「DISH//の恋するドラマディッシュ」が、7月にAbemaSPECIALで放送されることが分かった。同番組は、7月11日(水)に発売されるDISH//のニ..
ザテレビジョン
【心理テスト】友だちからおすすめのTV番組を聞きました。それはどんな番組?
fytte
竹内涼真:TBS系“サッカーW杯”番組のSPサポーター就任 「泣きそうになるぐらいうれしい」
毎日キレイ
クロエ・カーダシアン、第1子出産も番組のネタに⁉︎
madame FIGARO.jp
「ガチャピンとムックは退職金もらわんと」 番組終了の二人に感謝の声が殺到
長きにわたって、多くの子どもたちから愛されてきた「ポンキッキ」シリーズ。45年目にして放送を終えることが発表され、SNSで大きな話題になっています。■ 大好評を博した「ポンキッキ」シリーズ「ポンキッキ」シリーズの放送は1973年にスタート。..
レタスクラブニュース
宇宙人や大統領特集も!ヒストリーチャンネルの番組が動画配信サービス「dTVチャンネル」に登場
海外ドラマナビ
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
01
女性必見の最新トレンドニュースを
毎日お届け!
あなたらしさを応援する、
オトナの女性におくる情報アプリ
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。
02
あとで見たい時も大丈夫!
お気に入り機能で賢く整理