1. トップ
  2. 恋愛
  3. ももクロ主演☆ 舞台版『幕が上がる』の詳細がついに発表!!

ももクロ主演☆ 舞台版『幕が上がる』の詳細がついに発表!!

  • 2015.1.7
  • 261 views

2012年に平田オリザが発表した弱小の高校演劇部を舞台に描かれた青春群像小説『幕が上がる』。この小説にぞっこん惚れ込んだ『踊る大捜査線』 シリーズの本広克行がメガホンを取り映画化(2015年2月28日公開)、さらに2015 年5月に舞台版の上演がスタートすることが発表されているが、この舞台版の詳細がついに明らかに。

弱小演劇部の少女たちが全国大会を目指し、本当の喜び、本当の悲しみ、本当に大切なことに 気づき、輝いていく青春群像を描いた『幕が上がる』。映画の主演(演劇部の高校生たち)は「ももいろクローバーZ」の5人。そして今春5月に開幕する舞台版も同じく「ももいろクローバーZ」の5人が主演する。

©2015平田オリザ・講談社/フジテレビジョン 東映 ROBOT 電通 講談社 パルコ

また、舞台版では原作者 平田オリザ氏自らの手によって脚本(映画版は『桐島、部活やめるってよ』などの脚本を手がける喜安浩平氏が担当)、さらに演出は映画を監督した本広克行氏が担当。舞台版では小説で描かれている、ある一時に焦点を当て、ドラマを更に掘り下げ、小説、映画では描かれていない彼女たちの心情を丁寧に描いていくことになるという。

脚本を担当する原作者・平田オリザ氏は

「舞台版では、演劇の楽しさとももクロさんの元気の良さがオーバーラップするような作品にできればと思っています。また“同時多発会話”など、私のテイストをできるだけ出して、うまく融合すればいいなと思います。ももクロのファンの方は、ライブを見ることはあっても生の演劇を観るということはあまりなかったと思いますので、ぜひ新しい世界を体験していただきたいですね」

とコメント。

社会に揉まれた私たちにとっては、あの時代のこみ上げてくるような「熱い時」や眠ってしまっていた「何か」を奮い起こしてくれるであろう、そして同世代の人々へは「共感」と「前へ進むエネルギー」を与えてくれるであろう舞台版「幕が上がる」の上演も、ぜひ心待ちにしたい。

舞台版『幕が上がる』

原作・脚本:平田オリザ 演出:本広克行

出演:百田夏菜子、玉井詩織、高城れに、有安杏果、佐々木彩夏(ももいろクローバーZ) 他

日程:2015 年 5 月 1 日(金)~24 日(日)

会場:Zepp ブルーシアター六本木

チケット料金:¥6,500(全席指定税込) ※2015 年 4 月 4 日前売開始

http://www.parco-play.com

問:パルコ TEL:03−3477−5858