1. トップ
  2. ファッション
  3. カラー 2018年春夏ウィメンズコレクション - ポップな色柄に囲まれたエレガントサマー

カラー 2018年春夏ウィメンズコレクション - ポップな色柄に囲まれたエレガントサマー

  • 2017.10.10
  • 2802 views

カラー(kolor)の2018年春夏ウィメンズコレクションが、フランス・パリで発表された。

今季のカラーは明るい仕上がり。鮮やかな色彩とポップな模様、たくさんの色柄を乗せて、スポーティだけどエレガントな相反するスタイルを築く。

南国を想起させるフラワープリント、このハイテンションなパターンが今季の主役だ。夏のビーチで纏いたいアロハシャツは、テクニカル素材・ナイロンでリデザイン。裾にはドローコードを、そしてアクセントカラーとして蛍光色を配置して躍動感を与えた。ナイロンは薄く、光の加減によってインナーの色を浮かび上がらせる。このため、インナーを変えれば表情がコロコロと変わり、スタイリングの幅を広げてくれる。

同素材で作ったジャケットは、袖にボリュームがあり華やかな印象。ふわりと腕を包み込む、丸みのあるシルエットは、スポーティな世界に女性性を投じる。ナイロンが放つ光沢感もまた、フォーマルなムードを放ち、カジュアルな印象から遠ざけてくれる。

もう一つの試みとして、ポリエステルの新素材の起用が挙げられる。紙のように薄く、クリスピーなテクスチャーのこのファブリックで、ワイドなシルエットのコートを仕立てた。とにかく軽量なため、身体と服地との間に空気をはらみ、柔らかなフォルムを作り出してくれる。

そのほか、スリット入りのライニングパンツなど、スポーツシーンでも活躍できそうな、楽し気なピースが今季のワードローブに名を連ねる。ハイビスカスの並んだアロハ柄Tシャツと、北欧・ヘルシンキのロゴ入りTシャツを組み合わせた、古着風のトップスも注目だ。