1. トップ
  2. レシピ
  3. お医者さんが健康のために食べているものNo.1!「トマト」のいいこと3つ

お医者さんが健康のために食べているものNo.1!「トマト」のいいこと3つ

  • 2017.10.7
  • 4529 views

10月10日はトマトの日。「医師が健康のために積極的に食べているもの」ナンバーワンに輝いたのが、「トマト」だそうです。「トマトといえばリコピン!」というくらい、リコピンが豊富で美容と健康に役立つ身近な野菜としてお馴染みですね。
トマトはそのまま食べても美味しい野菜ですが、「毎日トマトを食べるは飽きてしまう……」という方もいるかもしれませんね。そんな方でも、簡単に続けられるのがトマトジュースです。
トマトジュースは、トマトをそのまま食べるよりいいこともあります。実は、「癒し系ドリンク」でもあるのだとか……!? 今回は、トマトジュースの魅力をご説明します。

トマトジュースを飲むといいこと3つ

(1)リコピンの吸収がいい
トマトに含まれるリコピンは、トマトをそのまま食べるよりも加熱粉砕して食べたほうが、身体への吸収のいいことがわかっています。
市販のトマトジュースなら、すでに加熱、粉砕されていますから、リコピンチャージには、トマトジュースが正解!

(2)二日酔い対策にも
トマトジュースとアルコールを一緒にとると、酔いが回るのが穏やかになり、さらに体内からアルコールが排出される時間も早まるのだそうですよ。
ついつい飲み過ぎて、翌日後悔してしまう方は、アルコールと一緒にトマトジュースをオーダーするとよさそうですね。
(3)癒し系ドリンク!?
リラックス物質でお馴染みなのが、アミノ酸の仲間のGABA。トマトには発芽玄米の約6倍のGABAが含まれています。GABAをとることで、脳内はリラックスした状態になるそうです。
さらにトマトジュースは、その香りにもリラックス効果があり、GABAとの相乗効果でストレス軽減+リラックス効果が高まるのだそうです。「疲れたな……」と感じた時にもトマトジュースですね!

トマトジュースの選び方

トマトジュースには、食塩無添加と食塩入りのものがあります。できれば、食塩無添加のものを選びましょう。
また最近では、高リコピンをうたったトマトジュースも販売されています。積極的にリコピンをとりたい方は、高リコピントマトジュースを選ぶのもいいですね。

コンビニでも買うことができて、ココロと身体の美容と健康に役立つトマトジュース。毎日の食生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。

(美養フードクリエイター・中医薬膳師 岩田まなみ)