1. トップ
  2. ヘア
  3. 美しい髪は運命をかえる!? 街で声をかけたられたAさんのお話

美しい髪は運命をかえる!? 街で声をかけたられたAさんのお話

  • 2017.10.6
  • 1300 views

美容師をしていると色々な髪に出会います。そして髪にまつわる様々なエピソードも伺いますが、やはり髪をきれいにしている人には、美しい人が多いと思います。
そして髪の毛が美しくなれば、街で声をかけてくる人も変わるかもしれません。今回はそんな「美しい髪が運命を変えたお話」をご紹介します。

サロンに行く前と後では、立場が変わったゲストAさん

筆者のサロンご来店前に、違うサロンの方に「サロンモニターをお願いできませんか」と声をかけられたAさん。サロンモニターとは、まだデビュー前の美容師さんが技術向上のためにカットやカラーなどの練習をお願いする人のことで、謝礼などは発生しません。いわゆる練習モデルさんのこと。
そんなAさんでしたが、筆者のサロンで髪の毛を整えた後、その立場は一変します。
サロンを出た後に、また先ほどと同じ方に声をかけられたそうなのですが、なんと今度は「サロンモデルをお願いしたい」と言われたそうです。
サロンモデルとは、そのサロンのヘアカアログなどに掲載されるヘアモデルのことで、きちんと謝礼も発生する立派なお仕事です。練習台のサロンモニターときちんと謝礼のでるサロンモデルでは、大きな違いがありますよね。
このようにきれいな髪はその人の魅力を最大限に表現することが出来るのです。

髪をきれいにしている女性は、人として魅力的に見える

“髪がきれいにお手入れ出来ている”ということは、お部屋も清潔でお掃除も丁寧に行き届いていそうな、「生活がきちんとしていそう」といった印象を与えますよね。 
そこに気持ちを向けられる、キレイに出来ているということは、生活も丁寧なのでは、と思えませんか。
「靴が汚い女性は性もだらしない」なんて話もありますが、髪の毛などの細かいところまでキレイに磨き上げている女性は、より美しく見えるといえるでしょう。

毎日行いたい簡単美髪ケア

そんな美しい髪を保つために毎日行ってほしいヘアケアを、スタイリストの筆者が紹介します。
・シャンプー後のトリートメントはコーム(クシ)をしっかり通して馴染ませる。
・アウトバストリートメントは手で温めてから髪全体につけ、こちらもコームで馴染ませてからドライする。
これらを行えば美髪に一歩近づきます。
ですが、実際にあなたの髪を見ていない筆者よりは、いつも担当してくれている美容師さんに相談してみるのが美髪への近道です。きっと素敵な提案をしてくれるでしょう。
セルフで出来る美髪ケアを行いつつ、担当の美容師さんにご自身の理想を伝えて、美人度UPなヘアスタイルを叶えましょう。
ライタープロフィール
スタイリスト・AIJI
美容師。大阪南船場 美容室release SEMBA 店長。サロンベースにセミナー・コンサル・撮影・コラム・コンテストと多岐に渡り活躍。美容師という仕事を通し業界内外から高い評価を受け活動を広げている。