1. トップ
  2. 旅行・おでかけ
  3. 今年も「TOKYO ART BOOK FAIR 2017」が開催!

今年も「TOKYO ART BOOK FAIR 2017」が開催!

  • 2017.10.5
  • 684 views

今年もアートに特化した本の祭典「TOKYO ART BOOK FAIR」が、10月5日(木)〜8日(日)に開催されます。9回目を迎える本イベントは、近年アートスポットとして注目を集める天王洲アイルに移し、国内外の出版社、書店、ギャラリー、アーティストなど約350組が参加し、近隣のギャラリーやショップも連動。過去最大級にスケールアップしたアートブックフェアとして、4日間、天王洲アイルの街がアート一色に染まります。

メイン会場となる寺田倉庫での目玉企画が「Guest Country」。毎年ひとつのエリアや地域に着目して出版文化を紹介する特別企画で、今年は世界のアートブックシーンの中でも最も大きな地殻変動が起きている中国、韓国、台湾、シンガポールのアジア4カ国をピックアップします。ブームを牽引するキーパーソンをキュレーターに迎え、彼らがセレクションした書籍やZINEを展示販売。さらに横尾忠則氏のブックデザインの全仕事を紹介する展示会や資生堂の企業文化誌「花椿」の創刊80周年を記念したバックナンバーの特別展示も開催されます。

イベントを主催するPOSTの中島佑介さんは、フェアの見どころを次のように語ります。「フェアでは世界各地で刊行されているアートブックを見ることができるという体験から知らなかった文化に触れることができます。それに加えて、作り手や作家と買い手で交わされる直接のコミュニケーションからも、書店とは違った刺激を得ることができるでしょう。今年は、海外からの出展者がこれまででいちばん多く、とくに国際的なビジネスを視野に入れた出版社が集まっている『INTERNATIONAL SECTION』がオススメ。世界の第一線で出版活動を続けているブックメーカーのつくっている本に触れ、また作り手である出版社の人たちとのコミュニケーションから、きっと発見があるはずです」

今年は天王洲アイルの周辺施設で、展覧会やワークショップ、ケータリングなども同時開催されます。アートブックを見るだけでなく、天王洲エリア全体を周遊するのも今回のブックフェアの楽しみ方のひとつ。アートとカルチャーで盛り上がる4日間、会場に足を運んでみてはいかがですか?

TABF では、DECKの共同創立者・ディレクターであるグウェン・リーや受賞作家たちが来日して特別展を開催し、8 冊の写真集も販売。「Steidl Book Award Asia」と「Steidl Book Award Japan」の受賞者によるトークイベントも行われる。

 

入場券をご購入の方には、先着順・数量限定のノベルティとして、アーティストの加賀美健がTABF のために書き下ろしたイラストをプリントした手ぬぐいを配布する。© Ken Kagami

天王洲アイルの運河近くに位置するライフスタイルストア「SLOW HOUSE」では、子どもたちのクリエイティビティを刺激する、国内外のグラフィック&アート、驚きのあるしかけ絵本、贈り物にも最適なハロウィーン&クリスマスの絵本などを厳選して展示。

「TOKYO ART BOOK FAIR 2017」
会場:寺田倉庫
東京都品川区東品川2-6-10
会期:2017年10月5日(木)〜10月8日(日)
プレビュー、オープニングレセプション:10月5日(木)15時~21時(入場料¥1,000)
一般会期:10月6日(金)12時~20時、10月7日(土)12時~20時、10月8日(日)11時~19時(6日〜8日は入場無料)
http://tokyoartbookfair.com/

 

 

元記事を読む