1. トップ
  2. グルメ
  3. レトロな町並みにキュンッ。「奥銀座」に佇む名喫茶

レトロな町並みにキュンッ。「奥銀座」に佇む名喫茶

  • 2017.10.5
  • 9478 views

コーヒーが自慢。ヨーロピアンな老舗喫茶店「トリコロール」

芳醇なコーヒーの香りに満たされる喫茶店「トリコロール 本店」は、ノスタルジックな雰囲気が魅力的!創業80年の老舗が醸し出すクラシック感とヨーロピアン調の内装の組み合わせに心奪われてしまいました。

ハンドドリップで淹れたこだわりのコーヒーは香りがプンと立ち、豆の風味をじっくり味わえます。ゆったりとした時間に身を任せて、ほっと一息つくのにぴったりの隠れ家です。

スポット情報

  • スポット名:トリコロール本店
  • 住所:東京都中央区銀座5-9-17
  • 電話番号:03-3571-1811

究極の抹茶モンブランが味わえる「寿月堂」

開放的な屋上庭園がある日本茶喫茶・茶葉の店「寿月堂 銀座」は、3,000本もの竹で覆われた空間。清涼感のある竹の香りに癒されます。

まるで森林の中にいるような店内でいただいたのは、素材の風味豊かな究極の抹茶モンブラン。抹茶のほろ苦さと甘い和栗のペーストのコントラストはやみつきになる味わい。思わず頬のほころぶおいしさです。今までのモンブランとは異なるメリハリのある風味に、和の奥深さを感じました。

スポット情報

  • スポット名:寿月堂 銀座 歌舞伎座店
  • 住所:東京都中央区銀座4-12-15 歌舞伎座タワー5F
  • 電話番号:03-6278-7626

ふわふわかき氷&パンケーキにときめく「雪ノ下銀座」

カウンターでカジュアルにスイーツを楽しみたいのなら「雪ノ下銀座」がおすすめです。女性のパティシエールが素材選びからこだわって制作した絶品スイーツが豊富に取り揃えられています。

今回頂いたのは、季節を問わず人気だという「静岡ブルーベリー氷」と「自家製苺コンフィチュールのパンケーキ」。静岡産ブルーベリーのみずみずしい甘みと酸味がはじけるソースはスッキリとしたおいしさ。甘いものが苦手な方でも美味しく召し上がれそうです。「自家製苺コンフィチュールのパンケーキ」は、静岡県藤枝市の農園から取り寄せた紅ほっぺがふわふわのパンケーキを鮮やかに彩る目にも楽しい一皿。甘さの中にキレのある味わいは衝撃のおいしさです。

スポット情報

  • スポット名:雪ノ下銀座
  • 住所:東京都中央区銀座1-20-10 トマトビル 3F
  • 電話番号:070-5517-9506

和の苦味を活かしたティラミスが自慢。「茶CAFE 竹若」の和風スイーツ

日本茶のおいしさを極限まで引き出した和風スイーツが話題の「茶CAFE 竹若」。ここで絶対に食べたいのが「枯山水ティラミス」。宝箱のような升を開けると、抹茶の枯山水がお出迎え。口に入れると、ふわふわのマスカルポーネのクリーミーさとほろ苦い抹茶シロップがとろける一品。普通のティラミスはココアとマスカルポーネの組み合わせですが、抹茶に置き換えることでココアにはない爽やかな苦味が広がる新鮮なおいしさ。濃厚な香りとまろやかさを堪能できます。

スポット情報

  • スポット名:茶CAFE 竹若
  • 住所:東京都中央区銀座4-10-5 東急ステイ銀座 1F
  • 電話番号:03-6264-7585

マロンクリームたっぷりのモンブランがいただける「リール ギンザ」

横田秀夫シェフが手掛ける「リール ギンザ」は、一流スイーツを心ゆくまで楽しめるデザートラウンジ。茨城産の和栗を使用した「グラノーラアイスモンブラン」のマロンクリームには、まるでむきたての甘栗をそのまま頬張ったような濃厚な味わい!栗そのもののおいしさをギュッと詰め込んだ贅沢な味わいに思わずウットリ。

ベースに使われているバニラアイスは、卵黄のコクを活かした濃厚でリッチな味わい。力強いマロンクリームと調和する軽やかな食感が印象的でした。秋らしいモンブランを楽しみたい方におすすめの一軒です。

スポット情報

  • スポット名:リール ギンザ
  • 住所:東京都中央区銀座3-10-14-2F
  • 電話番号:03-6278-8270

文/萩原かおり

元記事で読む