1. トップ
  2. ヘア
  3. 傷んだ髪をなんとかしたい!毎日のヘアケア見直しませんか?

傷んだ髪をなんとかしたい!毎日のヘアケア見直しませんか?

  • 2017.10.4
  • 4347 views

美しい髪は毎日のお手入れから。髪のキレイな女性は日々の生活もきっちりしているのでは?と男性からの評価ポイントも高いパーツです。髪からふわりと香るシャンプーの香りにグッとくる男性も多数。そんな重要パーツの髪が傷んでいては、減点ポイントも高いです。新陳代謝で生まれ変わらない髪は日々のケアが重要!

外から帰った髪には埃や皮脂がびっしり。
絡まった髪には専用のブラシで汚れを取り除くことをおススメします。

こちらは水に塗れた状態でも使えるブラシです。
絡まった髪もこれでブラッシングするとスイスイほどけます。

予洗いで殆どの汚れが落ちます

予洗いとは、シャンプーなどを付けずに、
少しぬるめのお湯で髪全体を洗い流すことです。
ぬるめのお湯やシャワーで頭皮を洗うイメージで、ゆっくりとお湯を髪に含ませます。

シャワーはなるべく地肌にかかるように地肌を出し、もしくは手の平にお湯を溜めた状態で頭皮を濡らして行きます。

これにより、髪の汚れ9割は落とすことができます。

シャンプーはなるべく天然由来のものを

予洗いで殆どの汚れが落ちているので、
シャンプーはサラーっと泡で洗うイメージで地肌を軽くマッサージ。
その後は毛先に向かって泡を拡げるイメージで。

シャンプーを付けたまま長時間放置すると、
頭皮の皮脂が落ちすぎて補おうとして出てくる皮脂が過多になりニオイの原因になります。

シャンプーは体質や髪質に応じた天然由来のものを。
また、育毛効果があるのはローズマリーオイル配合のものです。

タオルドライ後のドライヤーが大切

タオルドライ後にドライヤーでキューティクルを閉じることが大切です。
キューティクルの方向を意識しながら、頭の上から毛先に向かって熱風を送ります。

最後に頭皮の皮脂を毛先までなじませるように丁寧にブラッシング。
この最後のブラッシングが大事です。
皮脂がきちんと髪を覆っていないとキューティクルも守れませんし、皮脂が毛穴に詰まってニオイの原因に。

いかがでしたか?
ブラッシング+予洗いでツヤツヤの天使の輪を作ってみてくださいね♡