1. トップ
  2. ダイエット
  3. 出産したのに体重が減らない…?先輩から贈る産後ダイエットのススメ3選

出産したのに体重が減らない…?先輩から贈る産後ダイエットのススメ3選

  • 2017.10.4
  • 65123 views

妊娠中は体重が増えていきますが、出産しても妊娠前の元の体重に戻らない!という事も多いですよね。産後は特に、育児や睡眠との戦いで運動もなかなか出来ないですし、産後ダイエットのやり方がわからなくなってしまいます。今回は、産後ダイエットにおすすめなものを3つ厳選してご紹介していきます。産後ダイエット難民の皆さん、必見です。

骨盤をしめることを意識する

妊娠中から出産に向けて骨盤が広がっていきますが、この広がった骨盤を産後そのままにしておくと元の体型に戻りにくくなります。
骨盤をしめるには骨盤体操などが一般的なのですが、産後すぐの体を休めるための産褥期に運動などを行うのはあまり良くないと言われています。
産褥期に無理をして動くと後に響くと昔からよく言われていますよね。
そんな産褥期でも使えるのが、骨盤ベルトです。
骨盤ベルトの中には妊娠中に使っていた腹帯にセットでついてくるなど、兼用できるものなんかもあります。
産後、しっかりと正しい位置、正しい締め方で骨盤ベルトを巻いて寝ているだけでも違いますよ。
また、体調がある程度落ち着いてから、産後の骨盤矯正の整体や、骨盤体操なども効果が高いと言われています。

出来る時に出来ることを!

産後は空いた時間を作ることの方が大変かもしれません。
授乳や寝かしつけ、オムツ替えなど育児には休みがないのですから。
そして授乳が終わる頃には、子供のためだけのご飯を作ったり、仕事に復帰するママもいるでしょう。
そうなると、運動をする時間がない!というママも多いのではないでしょうか?
わざわざ運動をしなくても、ながら運動をするだけでも効果があると言われています。
子供を抱っこしながら、寝かしつけながら、そんな育児しながらでも良いんです。
ダイエットはしっかり運動した方がもちろん効果は出やすいですが、乳幼児を育児中のママは運動できる時間が確保できない人の方が多いのが現実です。
そんな時に、育児しながら、家事しながら、仕事しながらと言ったながら運動を取り入れることで、筋肉量を増やすことができれば代謝も上がり痩せやすい体作りに繋がりますね。

子供が外出できるようになったらお散歩に

子供が2カ月や3カ月になると、徐々に外出デビューする場合も多いですよね。
ベビーカーを押しながら、ゆっくりお散歩をするだけでも産後ダイエットとして効果があると言われています。
子供にとってもお散歩をすることで外気に触れ、機嫌が良くなり、よく泣く子が泣き止むなどママも気分転換になります。
ウォーキングは有酸素運動とされていますから、子供のお散歩ついでに運動ができるのは一石二鳥ですね。
また、子供が歩くようになる頃に一緒にお散歩に出ると手を繋いでいても転びそうになったりして意外に腕に力が入り、二の腕にも効果が出そうです。
ただ、運動したいからと思って子供を連れまわしたりせずに、子供のペースに合わせてお散歩をしてくださいね。

いかがでしたか?
産後はただでさえ体力も、気力も使うのでなかなかダイエットに踏み出せない場合も多いのですが、産後の空いた時間だけでもダイエットを行うことで、今後の体形に影響していきますよ。
自分なりの無理のないペースで、体をいたわりながらダイエットを行ってくださいね。