1. トップ
  2. 恋愛
  3. 言われないと解らない男と、言われるのが嫌な女の違い

言われないと解らない男と、言われるのが嫌な女の違い

  • 2017.10.4
  • 23291 views

付き合いが長くなると男性の『言われないとわからない』所に失望してしまうことが多々あります。

そして反対に自分が『言われるのが嫌い』だと思うことも。
藤本敏史さんが木下優樹菜さんとの結婚生活で「言われる前にやれ! 」と喧嘩していることを明かしましたが、

「そうそう!」と納得している女子も多いのでは?
そのくせ、女性は言われることを嫌う傾向にあります。

この違いはどうして起こってしまうのでしょうか?

 

相手の事は思って当たり前

女性も男性も相手の事は思って当たり前なのですが、女性は常に言葉で確認して安心感を得ながら心地よく過ごしたいのです。
しかし一方で男性は、相手の事を思うのは当たり前で自分から言葉にして言うと逆に怪しまれたり、確認されると疑われているような気分になってしまい、聞かれた時しか愛情表現しないという人も。

女性が不安になっていちいち愛情確認してくると、はじめは良くてもいつの間にかうんざり……なんてことにもなりかねません。
 

自分は言われるのが嫌

男性には色々言うけど、自分が指摘されると嫌だと思ってしまう女性。

それは男性の指摘が目に見えるものばかりだからです。
女性は感情的なものを手に入れたがり口うるさく言ってしまいますが、男性は目に見えるものを言ってくるため重みを置いている所が違うからです。

男性の言うことを全部聞いていると、理想100%になるまで言ってくるのでほどほどに聞いておきましょう。愛情の深さをはかるのはそこではありませんからね。
 

言われるまで進行しない

例えば付き合うとか、結婚するとかいう時にまでこの「言われないとわからない」病は発病してしまいます。

好きなんだけど確認を求めていない男は、線引きが苦手。
反対に女性はできるだけ早く安心したい為に、言葉の確認を求めてしまいます。

あまり焦って言葉を求めるのではなく、関係が築けてきたかな? と思う時に「付き合わないの? 」「結婚しないの?」というと気が付いて、早急に話が進んでいくことも。
 

おわりに

「言われる前にやれ」。と言われている藤本敏史さんですが、木下優樹菜さんは藤本敏史さんでないとダメ。というラブラブな一面も。

すべてを思い通りに動かせるよりも、思い通りにならないことがある方が幸せなのかも知れませんね。(只野あさみ/ライター)
(愛カツ編集部)