1. トップ
  2. スキンケア
  3. 乾燥小ジワを撃退!保湿力がグンと上がるスキンケアテクニック

乾燥小ジワを撃退!保湿力がグンと上がるスキンケアテクニック

  • 2017.10.3
  • 3765 views

「秋冬はどんなコスメを使ってもつっぱる」という方は、アイテムの前に“塗り方”を見直してみませんか? いかに保湿力の高い基礎化粧品を使っていても、塗り方によってはその力を十分に発揮できていないことが。
お手入れを見直してみると、同じアイテムでも肌のうるおいがアップする可能性があります。

そこで今回は、乾燥小じわをやっつけるために保湿力を高めるスキンケアテクニックをご紹介します。

洗顔後はすぐにブースター or 化粧水を

洗顔後の肌はとても乾燥しやすい状態。乾きを感じる前に、できるだけ早く保湿することが大切です。そこで取り入れたいのが、ブースター(導入美容液)。次に塗る化粧水の浸透をサポートしてくれる、持っておいて損のないアイテムです。洗顔後やお風呂上がりは、何より先にブースターを塗っておくことをおすすめします。

しかし、ヘアケアやボディケアで忙しいお風呂上がりは、ブースターを塗っていても次第に乾きを感じることが。そんなときは、化粧水も重ねておくとうるおいをキープできますよ。さっと使えるミストタイプがあれば、手軽に使えて便利です。

目安の使用量より多めに塗ってみる

基礎化粧品の多くは、使用量の目安がパッケージに記載されています。まずは、その量を使ってみてください。それで問題なければそのままでOKですが、適量には個人差があります。

うるおいに満足できない場合は、2倍の量を塗ってみましょう。それで手応えを感じることができたら、継続的に多めに使うことをおすすめします。

つっぱる感じがある日は化粧水を増やしたり、粉っぽさを感じる場合は美容液やクリームを増やしたりと、肌状態に合わせて量を調節してみてください。

塗りこむときはシワを伸ばしながら

まんべんなく塗っているつもりでも、シワになっている部分はきちんと塗れていないことが。ほうれい線などのシワが気になる部分は、片方の手で軽く引き伸ばして塗りましょう。

ただここで注意したいのが、目もとのお手入れです。皮膚が薄くデリケートな部分なので、できるだけ力を抜くのがポイント。力が入りやすい指先は使わず、指の腹をそっと当てて温めるように抑えてシワを伸ばしましょう。

仕上げに手のひらでじっくり包んで

お好みの化粧水や美容液でお手入れし、乳液やクリームまで塗り終えたら、いよいよ仕上げ。手のひらで温めるように顔全体を包み込みます。このときも力を入れずに、赤ちゃんの肌に触れるような気持ちでやさしく行いましょう。基礎化粧品がじっくりと肌になじんだら完了です。

スキンケアは、“いかに丁寧に行うかがカギ”といっても過言ではありません。「キレイになあれ!」と気持ちを込めてお手入れしてみてください。肌が求める使用量を判断できるようになったり、塗るときの力加減を意識できたりと、ケアの質が高まりやすくなります。テクニック次第で保湿力が変わることをきっと実感できるのではないでしょうか。ぜひお試しくださいね。
※価格は全て編集部調べ
ライタープロフィール
美容ライター・古賀令奈
ライター/エディター/コスメコンシェルジュ。美容をはじめヘルスケア、ライフスタイル、ビジネス、医療などの記事を大手企業のオウンドメディアにて多数執筆。コスメへの情熱は人一倍! みなさまにワクワクをお届けします。
【保有資格】
日本化粧品検定1級コスメコンシェルジュ