1. トップ
  2. ヘア
  3. ショート・ボブ・ロング、お手入れが簡単にできるのはどれ?

ショート・ボブ・ロング、お手入れが簡単にできるのはどれ?

  • 2017.10.3
  • 12201 views

季節の変わり目、ファッションやメイクと共にヘアスタイルも変えてイメチェンをしたくなる時期ですね。ヘアスタイルに求める条件は、自分に似合うことや流行も大切ですが、毎日のお手入れやセットが簡単というのもかなり重要なポイントです!ショートヘア、ボブ、ロングヘア。あなたにとってお手入れが楽な優秀ヘアはどのヘアスタイルですか?それぞれのメリットやデメリット、そして朝のスタイリングをもっと楽にするにはどうしたらいいのかなどを調べてみました!

ショートヘアのメリット・デメリット

ショートヘアの一番のメリットは、何といってもシャンプーやドライヤーが楽なことですね。
お風呂あがりのドライヤータイムもわずか3分!ロングの半分以下の時間で乾いてしまいます。
さらにショートヘアは髪の傷みが目立ちにくいのもメリット!

でも、それはショートスタイルを保つためにこまめにカットをしているからなので、美容室に行く頻度が高くなる部分はショートのデメリットとも言えるでしょう。

朝の時間を楽にする楽ちんショート

ショートヘアの朝のセット時間を短縮したいなら、クセ毛風のゆるふわパーマをかけると楽な上にキュートさ倍増です!

お出かけ前にワックスやムースで全体をくしゃくしゃっとクセ付けするだけで完成しちゃいます。
手軽な上にドライヤーもコテも使用しないので、髪も痛まず一石二鳥ですね。

ボブヘアのメリット・デメリット

ストレートボブ、ショートボブ、ゆるふわボブ。ボブスタイルにもいろいろありますが、比較的どんな輪郭の方にもどの年代にも似合うのがメリットです。
ショートヘア同様、お風呂あがりのシャンプーやドライヤーが楽というメリットもあります。

デメリットは、長さによっては寝ぐせが付きやすかったり、クセが出で広がってしまったり。細い髪質だとぺしゃんこになってしまうなど、気候や髪質によってはスタイリングに苦戦してしまうスタイルと言えます。

ボブをもっとラクチンヘアにする方法

つむじの向きのせいか、どうしても片側だけが広がってしまったりハネてしまうという方も多いようです。ボブヘアをさらにラクチンスタイルにするためにも、パーマをかけてしまうのも手です!

ストレートボブなら縮毛強制で浮いてくる毛に悩むこともなくなります。また、毛先にワンカールをかけたりやゆるふわパーマをかけると、ボブヘアでもアップにしたりなどアレンジをしやすくなります。

ロングヘアのメリット・デメリット

ロングヘアの魅力と言えばやはり女性らしさ。そしてやはり男性からの根強い人気があるのはロングヘアです。
また、寝ぐせが付きにくく、髪が邪魔な時やスタイリングに失敗した時もギュッと縛ってしまえばよいという大きなメリットもあります。

デメリットは、伸ばしているとどうしても痛みやすくなってしまうこと。シャンプーやドライヤーもロングな上に髪の量が多い方はより時間がかかってしまい大変ですね。

ロングの特権カンタンまとめ髪

ロングヘアの特権はアップヘアなどのアレンジが自在なことですね。
特にラクチンあっぷヘアは無造作なおだんごヘア。ちょっとくらいのおくれ毛は気にしないでOKなのもラクチンポイントですね。

ロングヘアのアレンジとしてぜひマスターしておきたいのが編み込みです。
やり方を覚えれば意外にカンタン!そしてアレンジの幅もグンと広がります。

ショート、ボブ、ロング、それぞれのヘアスタイルにはそれなりのメリットもデメリットもあります。
少しでもお手入れやセットを楽にするためには、自分の髪質や特徴を把握して自分に合ったお手入れ方法やセットの方法を知ることが大切ですね!