1. トップ
  2. スキンケア
  3. 10年後の自分のために!アラサーから始めるべきエイジングケアとは

10年後の自分のために!アラサーから始めるべきエイジングケアとは

  • 2017.10.2
  • 6392 views

アラサーになってから、20代の頃とは違うお肌のお悩みが現れていませんか? 今まで気にならなかったシミやくすみ、シワやたるみ、ハリやツヤ……気持ちは若い頃と変わらなくても、お肌の状態はどんどん変わっていくもの。放っておくとその悩みはより深刻なものになります。

そこで今回は、エステティシャンの筆者が10年後のお肌を美しく保つエイジングケアをご紹介! 未来のために、今頑張りましょう。

美肌のピークは20歳!?若いうちからエイジングケアを始めよう

「エイジング」とは「加齢」という意味であり、加齢による老化を予防し、ケアすることを「エイジングケア」といいます。

「お肌の曲がり角は25歳」という言葉をよく聞きますが、実はお肌の内部が新鮮で一番良い状態は20歳といわれています。
年齢を重ねることでお肌の内部の鮮度は低下し、さらに生活環境や紫外線、ストレス、スキンケア不足などによって乱れ、シミやくすみ、シワやたるみなどが現れるのです。
今はお肌に悩みがなくても、40代、50代、60代になった時に良い状態のお肌を保つためには、20代、30代のうちからエイジングケアを始めておくことが大切です。

アラサーから始めたい!3つのエイジングケア

(1)シミやくすみが気になる

シミの予防を行うには「ビタミンC誘導体」がオススメ。お肌内部に蓄積してしまったメラニンを還元しようとする働きがあります。

くすみが気になり、肌がゴワゴワしている方は、角質を除去してお肌の表面を整える洗い流せるタイプのパックがオススメです。
(2)ハリやツヤ、うるおいが気になる

ハリやツヤが欲しい時は「セラミド」、「コラーゲン」、「ヒアルロン酸」の配合されている化粧水や美容液を選び、お肌にたっぷりと水分や油分を補うようにしましょう。
(3)シワやたるみ肌が気になる

浅いシワが気になる場合は、乾燥からシワになっている場合があるので、こちらも「セラミド」、「コラーゲン」、「ヒアルロン酸」が配合された化粧水や美容液をたっぷりと補うことをオススメします。

たるみを予防するには、ハリを与える「レチノール」や「ビタミンC」入りのスキンケアを選ぶと良いでしょう。

40代・50代になってから「どうしよう!」と焦るよりも、今のうちから「エイジングケア」を始めて10年後も若々しいお肌を保てるようにしましょう。
ライタープロフィール
エステサロン プライベートサロン Laule’a 代表・寒川あゆみ
某エステティックサロンにて勤務を経て、現在、大阪 谷町九丁目 private salon Laule’aを運営。フェイシャルエステやボディマッサージ、ブライダルエステ、スキンケア講座なども開催。美容家、美容ライターとしても、数々の記事執筆など幅広く活動中。