1. トップ
  2. ファッション
  3. きちんと感のある上品な装い♡襟元がポイントのクラシカルコーデ15選!

きちんと感のある上品な装い♡襟元がポイントのクラシカルコーデ15選!

  • 2017.10.2
  • 11182 views

最近はさまざまなファッションブランドから襟元や袖に特徴のあるクラシカルなアイテムがたくさん発売されていますね。今回は襟元がポイントのクラシカルコーディネートをご紹介致しますので是非ご覧ください♪

襟元がポイントのクラシカルコーデ15選!

襟元にギャザーでアクセント

胸元のギャザーと詰まった襟元が上品なヴィンテージのワンピースを着て、クラシカルなハンドバッグと大きめのピアスでアクセントに。シックなカラーでまとめた大人の装いですが、あえてスニーカーではずしたハイセンスなコーディネートです。

襟元はフリルで華やかに

顔周りを華やかにしてくれるフリルの襟元が特徴の紫色のワンピース。足元は落ち着いた黒のパンプスでリボンのカチューシャを合わせました。バッグは刺繍入りのクラシカルな物で上品なコーディネートが完成です。 

襟元のリボンがきちんと感をプラス

胸元にあるボウタイはリボンにしてクラシカルな装いに。いつの時代にも受け入れられる皆に愛されるデザインです。落ち着いたワインカラーのブラウスには同じシリーズのスカートを合わせてワンピース風に着こなすとお呼ばれの時にも良いですね。別々に着て普段使いにも◎ 

襟のある洋服は一番上まできちんと留める

undefined
http://zozo.jp/

ストライプ柄のちょっとレトロなワンピース。襟は一番上まで留めてきちんと感を出して。革靴と合わせて茶色のハンドバッグを持てばクラシカルなワンピースコーデが完成です! 

大きな襟でガーリーな装いに♪

大きめの襟付きワンピースはふんわりシルエットでガーリーな装いに。白のソックス×ローファーできちんと感を出してボアのバッグを持てば今風のスタイルに♪ 

白い襟とグレンチェックでクラシカルな装いに

白の襟と袖が可愛らしいデザインのグレンチェックワンピース。茶色のバッグを合わせて黒のタッセルシューズを履けばクラシカルなコーディネートが完成です。 

クレリック衿ワンピースで清潔感が溢れる装いに

クレリック衿ワンピースを一枚着るだけで清楚な印象に。ストラップシューズを履いて、頭にはレースのカチューシャを付けたロマンチックなコーディネートが完成です! 

ステンカラーコートできちんと感をプラス

出典http://wear.jp/黒のプリーツワンピースにスニーカーだと子供っぽくなりがちですが、羽織をバーバリーのステンカラーにする事でぐっと大人っぽいコーディネートに。バーバリーのきちんと感とスニーカーのラフさが見事に合ったコーディネートですね! 

テーラードジャケットでクールな装いに

チュールのスカートにシャツを合わせたコーディネートにテーラードジャケットを羽織るだけでクールな装いに。大人の女性ならではのクール×フェミニンなスタイルが完成ですね♪ 

ショートトレンチコートでクラシカルな装いに

リボン付きのシャツに黒のワンピースを合わせたコーディネート。ショートトレンチコートを羽織るだけできちんと感がプラスされましたね。ショートトレンチコートはジャケットよりラフな感じで羽織れてクラシカルなエッセンスだけを加えてくれる便利アイテムです! 

ハイネックでフェミニンな装いに

黒のハイネックと黄色のスカートのコントラストが目を惹く華やかな装い。レースのソックス×パンプスが女性らしくて素敵です。ベレー帽を被り、刺繍入りのハンドバッグを持てばクラシカルな装いが完成です♪

5分袖とハイネックのデザインがフェミニン。マスタード色とドット柄も今季流行の物同士の組み合わせですね!ファー付きカゴバッグを持って最旬コーデの出来上がり♪ 

流行のベージュカラーできちんと感をプラス

ベージュのブラウスに黒のリボンが可愛らしいスタイル。黒のパンツ×ベージュのブラウスは上品で大人の女性にピッタリな装いですね。バッグや靴もクラシカルな物で統一しました。 

落ち着いたグリーンのトップスとグレンチェックのワイドパンツが今っぽいコーディネート。ベレー帽を被り、小さめのハンドバッグを持てばクラシカルコーデが完成です。 

チュールレースのスカートに小花柄のトップスでトレンド感たっぷりな装いに。グレーのショルダーバッグを合わせて大人っぽいカラーで統一しました。 

まとめ

いかがでしたか?スーツなどのかしこまった格好だと窮屈で、Tシャツなどのラフな格好だときちんと見えない。そんな時は襟元をきちんとする!そしてクラシカルなバッグや靴を合わせる、もしくは羽織だけをきちんとしたテイストの物にする。それだけできちんと感があるクラシカルコーデが完成しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね!