1. トップ
  2. 恋愛
  3. 告白は時代遅れ!?自然な流れで彼のオンリーワンになる方法

告白は時代遅れ!?自然な流れで彼のオンリーワンになる方法

  • 2017.10.2
  • 35574 views

片思いの彼と付き合うには告白を避けて通れない、でも勇気がない・・・と、悶々としていませんか?実は「付き合うためには告白が必須」という考え方はちょっぴり時代遅れかもしれません。
今は空気の読める人が好かれる時代です。告白により、決断を迫られているという重圧感を与える女性よりも、空気を読みながら上手に距離感を縮めてくれた女性の方が男性に好感を持たれやすいのです。
そこで今回は、告白せずに自然な流れで彼のオンリーワンになる方法を紹介します。気づいたらいつも彼の横にいる、そんな女性のポジションを獲得しましょう。

①まずは「二人でよく食事に行く仲」になる

自然な流れで彼との距離を縮めたければ、何よりもまず、「二人でよく食事に行く仲」になることです。
二人でよく食事に行く関係は、男女がお互いシングルである場合、最も恋人に近い関係です。気軽に、
「明日の夜ごはんいかない?」
と誘ってみましょう。
この時、もっと好意を表現したければ、「○○くんて面白そう。一回じっくり話してみたかったんだ!」なんて言葉を添えてもいいでしょう。彼の方もまんざらではなくなり、その後の進展がスムーズになる場合があります。
この段階では、二人の関係は極力食事だけの関係にとどめて下さい。すぐに男女の深い関係になってしまうと、アソビのためのキープにされてしまう場合があります。
まずは、二人でよく食事に行く仲になること。これが全てのスタート地点です。これだけでも、彼の方からはっきりと「付き合おう」と言ってくる場合があります。
次に、自然発生した恋の予兆を自然消滅させない方法について解説していきます。

②「他に付き合ってる子いるの?」と質問する

ここからは、前項で解説した「二人でよく食事に行く仲」になっていることが条件です。
もうこの段階では、二人とも暗黙の了解で「自分たちはカップルかもしれない」と認識しているはずです。そうなったら次に、「ねえ、他に付き合ってる子いるの?」と彼に聞いてみましょう。
「他に」という一言を入れることで、「私はあなたと付き合っていると思っている」ということが伝わります。ここで、彼から「いや、いないよ」という言葉を引き出したら、一気に恋人モードに突入しましょう。
このセリフがおすすめである理由は、女性が警戒するほど男性は女性に「彼女面」されることを嫌だと感じていないためです。男性はただ数回食事だけのデートをした女性でも「昔ちょっとだけ付き合っていた子が」なんて男友達に話すことがあります。
男性が嫌がる彼女面とは、束縛を伴う彼女面です。まだ食事に行くだけの関係のあなたが、相手の男性を束縛していることはないはずです。それよりも、「付き合っている」という言葉から男性には「距離を縮めること」をイメージさせ、よりあなたを手放したくなくなる効果を生むのです。
ただの一度「他に付き合ってる子いるの?」という質問をすることは、リスクよりもメリットの方が大きいので、このセリフでグレーな状態を脱出してしまいましょう。

③ダブルデートで相手側の二人から「カップル認定」してもらう

告白せずにカップルになるもう一つの方法は、第三者にカップル認定してもらうことです。彼と食事に行く仲になったら、友人のカップルとダブルデートしてみましょう。友人には、彼にこんな質問をするように予め頼んでみて下さい。
「いつも二人はどこでデートしてるの?」

「彼氏さんはどこに住んでいるの?」
彼がこんな質問にスムーズに答えていたら、あなたのことを彼女とみなしている証拠です。

ここでは、第三者であれば必ずしもカップルである必要はありません。しかし、ダブルデートの方がより強くカップルとしての二人を意識させることができます。
ダブルデートをきっかけに、一気にラブラブ感を高めてしまいましょう!

④「一緒にいられる喜び」を言葉にする

二人で食事などに行く関係でありながら、まだどちらかからハッキリ好きという言葉が出ていない。そんなグレーな状態の時、一緒にいられる喜びを口にすると、二人の関係を一気に進展させることができます。
「○○くんがいてくれて良かった!」

「○○くんじゃないとだめ!」
こんなセリフで彼の反応を見てみましょう。彼の方は、自分の存在を大切にしてくれるあなたにきゅんとするはずです。彼の方からも、あなたのことが大好きな気持ちを言葉にしてくるかもしれません。
もしここで彼の方から好きという言葉やこれからも付き合っていこうという意思を表す言葉が出なければ、あなたは遊ばれている可能性があります。本気になる前に、距離をおくことをお勧めします。
一緒にいられる喜びをあなたから言葉にし、彼が思わず好きと言いたくなる状況を作りましょう。

おわりに

いかがでしたでしょうか。告白と聞くと、バレンタインや下駄箱にラブレターを入れるイメージを持つ人もいると思います。勇気を出して玉砕するもの、と思ってしまいがちですが、不自然さの方が恋愛の場面では命取りになります。告白という発想を捨てて、ナチュラルに彼との距離を縮めましょう。(ちりゅうすずか/ライター)
(愛カツ編集部)