1. トップ
  2. 恋愛
  3. 家計に「協力しない夫」は改造できる? 夫婦のスキマに潜む問題点とは【お金の不安をなくす「貯まる財布」のつくり方 Vol.5】

家計に「協力しない夫」は改造できる? 夫婦のスキマに潜む問題点とは【お金の不安をなくす「貯まる財布」のつくり方 Vol.5】

  • 2017.10.1
  • 28239 views

© ryanking999 - stock.adobe.com

「お金を貯めようと思っても、夫があまり協力的でない」。じつは多くのママが感じている不満ではないでしょうか? そんなママたちの共通の悩みについて、今回はお話を伺います。お話を伺ったのは、家計再生コンサルタントの横山光昭さん。これまで1万人以上の家計と向き合ってきました。

まずは、横山さんに「協力的でない夫を変える技」を2つ教えてもらいましょう。

■その1:家計のミエミエ大作戦

「家計簿でも、手書きの予算表でもかまいません。家計の状況を夫の目のつくところにバシっ! と数字で貼りましょう」(横山さん)

気をつけて欲しいのは、けっして夫に「これを見て」と言わないこと。でも、必ず目に入るようにします。「え、それだけ?」と思うかもしれませんが、これは横山さんの隠し技リストの中でも、ずば抜けて成功率が高い作戦だそうです。

「男には、『言われてやるのはイヤ』という傾向があります。どんなにいいことだと頭ではわかっていても、命令されたらやる気をなくす。ましてや妻から感情的に恨み言を言われたりしたらなおさらです。面倒な生き物ですが、わかってやってください。そして利用してください」(横山さん)

嫌でも目に入る数字をみると、自分のおこづかいの高さや飲み会の多さ、趣味に使うお金の高さが理解できます。そうすると妻から言われてもできなかった節約に、自分から取り組む姿勢がみえるように。

■その2:パパ頼りになる大作戦

© Tom Wang - stock.adobe.com

次の技は、たとえば外食するとき、遊園地に行くときなど、家族で楽しむ費用を家計から出している、という場合に有効な作戦。

●パパ頼りになる作戦♥やり方

今まで家計では月に1万5千円レジャー費を使っていて、ここから5千円節約して1万円の予算にしたいとします。その場合は、その1万円の予算を、全部夫の子遣いに上乗せしてあげるのです。

「この1万円はパパにあげる。そのかわり、これからは外食する時や遊園地に行く時は、パパが支払いお願いね、任せるから。もちろん余った分は好きに使っていいわ」ということで夫は小遣いが増えたと錯覚します。

出典:『NHK「あさイチ」お金が貯まる財布のひみつ:不安がなくなる貯金の極意』

 
「ポイントは、子どもたちの前で、お金を出してくれる夫を立てることです。子どもの前で夫が支払うことで、なんだか父親の権威が上がったような気がします。気を良くして、ムダなことには使わないよう画策してくれたりするようになります。もしくは、ちょっといい格好したくて、たとえ少し足が出ちゃったとしても、男気を出して自分の小遣いから補填してくれさえします」(横山さん)

「夫に協力的になってもらう技」には、「共通すること」があります。それは、お金と感情の関係。そこのところを、もう少し突っ込んでお話を伺います。

■夫婦のスキマとお金の関係

© naka - stock.adobe.com

「多くの家庭を見てきて感じるのは、お金が貯まらないと嘆く家庭に『夫婦別家計』が群を抜いて多いことです。」(横山さん)

●お金が貯まらない家計の典型例

住居費や水道光熱費、生命保険料は夫が払い、食費や通信費、日用品は妻が払う、といった費目ごとの支払いを決めているご家庭もあれば、基本別家計だけれども、二人の共通費目は折半にして出し合い、それ以外は個々で支払うことにしているというご家庭もあります。

このようなケースは、大概は、夫婦のどちらかが浪費気味になってしまっているそうです

出典:『NHK「あさイチ」お金が貯まる財布のひみつ:不安がなくなる貯金の極意』

 
「夫婦で力を合わせてお金を貯めるためには、まずは家計を一つにしたほうがいいと私は思います。そして、一番大事なのが、夫婦の話し合いです。お互いを信頼して、壁を作らず、お金のことを本音で話し合いましょう」(横山さん)

横山さんは、お金の相談を受けると、まずは相談者を観察して、夫婦間の気持ちの隙間がどこかにないか、探るようにしているそうです。たとえば、こんな例がありました。

夫に言われたことは絶対で、妻としてできる限り応えてあげるべきだと一心不乱にがんばる妻。グルメな夫のために毎日手の込んだ料理を出していたりして、一見「いい奥さん」です。

でもその家庭は、お金が貯まっていないことが多いのです。原因は、食費が高いというのは想定内で、往々にしてそれ以外にも変なところがあります。生命保険に入りすぎだとか、娯楽費が毎月高いとか、外食が多いとか。

この家の場合は、夫婦の気持ちが対等ではなく、妻が一心不乱にがんばることで、ぶつかるのをさけていました

出典:『NHK「あさイチ」お金が貯まる財布のひみつ:不安がなくなる貯金の極意』

 
「こうした『夫婦間の気持ちの隙間』が、家計に現れたのです」(横山さん)

ほかにも、「夫が妻に対して負い目がある」とか、「過去に何かあって妻が夫を信用していない」、「夫の求めるレベルが高すぎて妻が卑屈になっている」など、ありとあらゆるケースがあるのだそうです。

「家計の問題というのは、じつは金銭管理能力とは別のところに家計の足を引っ張る『気持ちのすき間』が潜んでいて、本人たちが気づいていないことが多いのです。お金を合わせることで、本当に合わせていきたいのは夫婦の考え方や価値観、二人の力なのです」(横山さん)

心理学の専門家によれば、「お金の話は、自己開示の最高レベル」だとか。

う~む、すごく深いですね。でも、言われてみれば、思い当たることがアリアリです。自分持ちを深くのぞきこみたくなるような、なりたくないような…。何だか、「心のツボ」を押されたような気持ちになりました。

次回は、「お金の不安」を本当になくすことはできるのか?」です。

■今回取材にご協力いただいた横山光昭さんの著書

『NHK「あさイチ」お金が貯まる財布のひみつ:不安がなくなる貯金の極意』
(横山 光昭(著), 伊豫部 紀子(著)/新潮社 ¥1,296(税込)

【お金の不安をなくす「貯まる財布」のつくり方 】

【貯金感覚で始める3000円投資生活】

【年収200万円からの貯金生活】

(楢戸ひかる)