1. トップ
  2. 恋愛
  3. 自ら獲物を追い求めない“草食系男子”は、待ってるだけじゃ永遠に出会えない by えむこ

自ら獲物を追い求めない“草食系男子”は、待ってるだけじゃ永遠に出会えない by えむこ

  • 2017.10.1
  • 5328 views

女性の場合、婚活サイトやアプリに登録したばかりの頃に男性から大量にアプローチを受けることがあります。

一瞬、「モテ期到来か!?」と思うような勢いでアプローチを受けるのですが、この時期の男性からのアプローチはまさに玉石混合。

というよりも、相手も新入会員というだけで見境なくアプローチをしている可能性があるので、あまり有益なアプローチは多くないと思われます。
私の場合、この登録直後のモテ期(あえてそう呼びます)にいただいたアプローチには、まったく心が動きませんでした。

それもそのはず、この時期にぐいぐいアプローチしてくる男性は、恐れを持たずに自ら道を切り開いていく勇猛果敢な肉食男子達。

しかし、私の求めている「理想の旦那様」は勇猛果敢な戦士ではなく、穏やかな笑顔と木漏れ日のようにあたたかな包容力を持つ、いわゆる草食男子。

理想と食い違う肉食男子からのアピールに心が揺らぐはずもなかったのです。

ちなみに、なぜ草食男子が理想かというと、私自身がぐいぐい行くタイプというか、有り余る行動力で無茶をしがちなので、それをそっと抑えてくれる落ち着いた人の方がいいかなぁという気持ちからです。
恋愛や結婚において、相手に自分と似たものを求めるか、自分にないものを求めるかは人それぞれですが、私の場合は完全に自分にないものを求めています。

さて、そんな「理想の旦那様」ですが……。
お相手に草食男子を求める時に、絶対にやってはいけないことがあります。

それは、じっと座して待つこと!!

彼らは草食男子です。自ら獲物を追い求めたりしません。
視界に入っても、そっと見送るか、物陰に隠れるか、気配を殺すか……そもそもフィールドに現れない可能性さえあります。

そんな彼らと出会うためには、こちらも動かなければいけません。
肉食男子のアプローチをかいくぐり、理想ど真ん中ストライクの、穏やかそうで誠実そうで堅い仕事をしていて眼鏡が似合いそうな雰囲気の爽やか草食男子を自ら見つけにいかねばならないのです。

私はミツバチを待つ花ではなく、花を探すミツバチ。
待たない。探すの。

あと最初にぐいぐい来る肉食男子って、どうしても軽そうと言うか、遊んでいそう……という勝手な偏見があります……。
中には「自分より若い子が好きなだけでは……」と疑いたくなるようなおじさまも。
そこから生涯を共にする相手を見つけられるかというと、ちょっと……厳しいかなと思います。
もちろん、そこでの出会いで上手くいくカップルもあると思います!
思いますが……私が今まで出会ってきた婚活女子達は、どちらかといえば肉食男子に厳しい見方をしている子が多かったです。
肉食男子に対する厳しさは「安定」を求める婚活市場ならではの事情かもしれません。
(もちろん、これは手当たり次第見境なくアプローチする「会えるなら誰でもいい」的な肉食男子の話であって、積極的だけれど一途で紳士的な男性はその限りではないと思います)

さて、花を求めてミツバチになった私のその後はというと……。

見事に、理想の草食男子を探しだし、やりとりを重ね、デートをすることができました!!
色々な事情でその先はありませんでしたが、それでも成果はあったと思います。
少なくとも、待っているだけではこの展開は得られなかったはず。

理想の相手が草食男子ではない方も、ぜひ、アプローチを待たずに、自分から探しに出かけてください。
思わぬ出会いがあるかもしれません。

前回の記事:目の据わった酔っぱらい写真で大失敗。プロフィール写真の撮り方はどうする? by えむこ

著者:えむこ
彼氏がホワイトデーに消滅したアラサーヲタ女ブロガーです。現在リアルタイムで婚活奮闘中。最近は婚活アプリだけでなく婚活イベントにも手を広げています。そんな日々の小ネタを綴った絵日記ブログをやっています。
ブログURL:http://otakare.blog.jp/
Twitterアカウント:@emuko_ota