メゾン マルジェラ 2018年春夏コレクション - 架空の空港で出会うグラマラスな女性たち

メゾン マルジェラ(Maison Margiela)の2018年春夏コレクションが、パリ・ファッション・ウィーク2日目の2017年9月27日(水)に発表された。

「日本航空より上海から東京へご出発のお客様にご案内いたします。東京行き、○時〇分発、○○便をご利用のお客様は〇番ゲートよりご搭乗を開始致します。」―誰もが一度は耳にしたことはある空港のアナウンス。架空の発着便そして優先搭乗の案内音が、今季のメゾン マルジェラを彩るサウンドだ。日本語、英語、中国語。順番に響き渡るアナウンスオンは全く別の空間へトリップしたような気分にさせる。

空港を題材にしたユーモラスなアイデアは、ショーピースにも落とし込まれた。預け荷物用のタグが、襟元、ストラップに取り付けられている。バーゴード付きタグは寄せ集めて、パッチワークスカートや帽子に変幻。ネックピローやアイマスクも登場し、モデルが小脇に抱えた新アイコンバッググラム・スラム(‘Glam Slam)は、枕のようにふかふかだ。

ウィットに富んだ演出のもと展開されているが、クリエーションのベースは、先に発表された2017年秋冬アーティザナルコレクションであろう。「ニュー・グラマー」がキーワードの同コレクションで目にした、ヌードカラーのトップス、細かいプリーツをかけたシルクオーガンジーなどが再びランウェイを訪れる。

伝統的な赤いライディングジャケットはビスチェに、ジャガードのバスローブはイブニングドレスへ。しかし、やはりグラマラスを直接的に打ち出すわけではなく、ブラトップやベアトップはチェック柄ジャケットやワンピースの上にレイヤード。ベアドレスは、メゾン マルジェラらしい「解体」のアイデアでトレンチコートを用いて製作した。

また、トランスペアレントな素材も一躍を担う。トレンチコート、ショートジャケットなどに形を変えたシースルー素材は、服の内側を透かしみせ、ベールに包まれた肌や、曖昧に浮かび上がるインナーは、官能性へのイマジネーションを深く広げる。

服の真髄を魅せる”デコルティケ”の手法は、今季もクリエイティブ・ディレクターのジョン・ガリアーノを手助けする。シルエットを形作る、重要な部分だけが露わになったドレスは、クリノリンのようであり、その上からビジューやフェザー、スクエア型のミラーパーツでデコレーションされている。

元記事を読む
提供元: ファッションプレスの記事一覧はこちら
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
01
女性必見の最新トレンドニュースを
毎日お届け!
あなたらしさを応援する、
オトナの女性におくる情報アプリ
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。
02
あとで見たい時も大丈夫!
お気に入り機能で賢く整理